ADVERTISEMENT

「恋はDeepに」初回、ヒロインの正体を巡る予想白熱!

「恋はDeepに」初回より
「恋はDeepに」初回より - (C)日本テレビ

 石原さとみ綾野剛共演の日本テレビ系4月期ドラマ「恋はDeepに」(毎週水曜よる10時放送)の初回が14日に放送され、Twitter上では石原演じるヒロインの正体を巡る予想が白熱。放送後、「恋はDeepに」「恋ぷに」「石原さとみ」「人工呼吸」「若本さん」「アナゴさん」などのワードがトレンド入りした(※ネタバレあり。初回の詳細に触れています)。

石原さとみ&綾野剛、胸キュンの場面写真

 本作は、海を守りたい海洋学者・渚海音(なぎさ・みお/石原)と、巨大マリンリゾートの開発に臨むツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(はすみ・りんたろう/綾野)の恋を描くラブコメ。初回では、愛する星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されるニュースにショックを受ける海音と、ロンドンから帰国しリゾート開発の陣頭指揮にあたる倫太郎の最悪な出会いが描かれた。海音は倫太郎と犬猿の仲にある兄・光太郎(大谷亮平)からリゾート開発チームにアドバイザーとして参加してほしいと頼まれ、この計画がいかに海に有害であるかを力説。一方、倫太郎はとりわけリゾートの目玉である海中展望タワーに並々ならぬ思いを持っているようで、二人は平行線をたどっていく。

ADVERTISEMENT

 放送中、大谷、綾野、渡邊圭祐のイケメン三兄弟ぶりや、倫太郎と海音がエレベーターで繰り広げた「エレドン(!?)」などの胸キュンシーンで盛り上がる一方、海音が驚くべき「ヒミツ」を持つ設定だったこと、そして劇中の奇妙な発言の数々から彼女の正体を巡る予想が徐々に白熱。海音が自宅で食していたのは、山盛りの海藻サラダ。YouTuberのMr.エニシ(福山翔大)いわく、海音がヤドカリとケンカする様子を収めた動画は100万回再生を突破。海音は、海中展望タワーが建設されることによって「魚が暮らしにくそう」「縄張りも隠れ家もぐちゃぐちゃに」「カサゴや真蛸が行き場を失う」など、海の生き物たちの行く末を異様に心配していた。

海藻サラダを食す海音

 そして、クライマックスで倫太郎の身に起きたアクシデントからロマンチックなシチュエーションにたどり着くまでの一部始終が、とある童話とそっくりだと話題沸騰。ラストでは海音と、自宅で飼っているウツボのうーちゃんとの衝撃的な場面もみられた。

 本作には、アニメ「サザエさん」のアナゴ役で知られる若本規夫、「名探偵コナン」の江戸川コナン役を務める高山みなみが声の出演として参加することが発表されており、エンドクレジットに2人の名前があったものの役名は記されていなかった。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT