ADVERTISEMENT

アンソニー・ホプキンス83歳、史上最高齢で2度目の主演男優賞!『ファーザー』で認知症の父親役

第93回アカデミー賞

映画『ファーザー』でのアンソニー
映画『ファーザー』でのアンソニー - Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージス

 現地時間25日、第93回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスほかにて行われ、映画『ファーザー』のアンソニー・ホプキンス(83)が史上最高齢で主演男優賞を受賞した。オスカーノミネートは通算6度目、主演男優賞の受賞は『羊たちの沈黙』(1991)以来2度目となる。

【画像】狂気…『羊たちの沈黙』でアンソニーが演じたレクター博士

 『ファーザー』は、日本でも橋爪功主演で上演された舞台の映画化。年齢と共に誰もが経験する喪失と親子の絆を、劇作家のフロリアン・ゼレールが監督・脚本を兼任して描き出した。

ADVERTISEMENT

 同作でアンソニーは、自身と同名で生年月日も同じ認知症の父親役に挑戦。役者人生の集大成とも言える熱演で観客や批評家を魅了し、オスカー前哨戦となる第74回英国アカデミー賞(BAFTA)では史上最高齢で主演男優賞に輝いた。

 主演男優賞にはアンソニーのほか、リズ・アーメッド(『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』)、チャドウィック・ボーズマン(『マ・レイニーのブラックボトム』)、ゲイリー・オールドマン(『Mank/マンク』)、スティーヴン・ユァン(『ミナリ』)がノミネートされていた。(編集部・倉本拓弥)

映画『ファーザー』は5月14日よりTOHOシネマズ シャンテ他全国公開

第93回アカデミー賞授賞式は、4月26日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて放送中(夜9時より字幕版放送)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT