『ドラゴンボール超』劇場版新作、2022年に公開決定!鳥山明のコメントも

期待!
期待! - (C) バード・スタジオ/集英社 (C) 「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明の人気コミックを原作とする劇場版アニメーションの第21弾となる『ドラゴンボール超(スーパー)』の最新作が製作され、2022年に公開されることが明らかになった。

激闘、激闘、また激闘!前作『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』予告編【動画】

 1984年から「週刊少年ジャンプ」にて約10年半にわたって連載された「ドラゴンボール」は、コミックスの売り上げが全世界で累計2億6,000万部を突破している人気コミック。連載終了後もなお、テレビアニメやゲームなどさまざまなメディアミックス展開を見せてきた。2013年には17年ぶりの劇場版シリーズが復活し、2015年には鳥山原案による新シリーズ「ドラゴンボール超」がスタート。2018年には劇場版20作品目にして「超」シリーズ初となる劇場版『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』が公開され、全世界での興行収入が135億円を超えるヒットを記録した。

ドラゴンボール超(スーパー)
(C) バード・スタジオ/集英社 (C) 「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

 今回発表されたのは、それに続く劇場版アニメ21作品目となる新作映画。企画は『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』の公開前から本格始動していたという。再び脚本を担当する鳥山は「今回も僕がセリフも含め話を作り込んだ渾身の一作となっています。内容はまだ内緒らしいので言えませんが、ちょっと意外なキャラが大活躍する激しく楽しい内容になっていると思います。ビジュアルも新鮮で、すごいことになっているみたいですからどうぞ期待して待っていてください!」と期待を高めるコメントを寄せている。(編集部・大内啓輔)

[PR]
三浦大知による主題歌Blizzardも『ドラゴンボール超 ブロリー』ファイナル予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]