『キングスマン』マーリン再演の可能性はある!マーク・ストロングが語る

マーク・ストロング演じるマーリン
マーク・ストロング演じるマーリン - Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『キングスマン』シリーズで技術担当のマーリン役を務めたマーク・ストロングが、シリーズへのカムバックの可能性についてJoBlo.comに語った。(以下、シリーズ第2弾『キングスマン:ゴールデン・サークル』のネタバレを含みます)

【動画】『キングスマン:ゴールデン・サークル』メイキング

 『キングスマン』は、労働者階級の不良少年エグジー(タロン・エジャトン)がイギリスにあるスパイ組織「キングスマン」の一員であるハリー(コリン・ファース)に見いだされ、一流のスパイ/紳士になっていくさまを描いた人気アクションシリーズ。第1次世界大戦前夜の1914年まで時をさかのぼり、「キングスマン」の誕生秘話を描く前日譚『キングスマン:ファースト・エージェント』が今年12月24日に日本公開されるほか、エグジー&ハリーの物語の完結編にあたるシリーズ第3弾も進行中だ。

[PR]

 『キングスマン:ゴールデン・サークル』の終盤で華々しく散ったマーリンだが、マークはシリーズへのカムバックの可能性について聞かれると「わからないよ。やりたいけどね。このシリーズで演じるのは好きだから。この3人組、僕とコリンとタロンの関係は、素晴らしいちょっとしたギャングみたいなものだと思っている。第2弾のラストで彼が“ダイナミックな最期”を迎えた時は、多くの人たちと同様にわたしも悲しかった」と思い入れの深さを明かす。「第3弾もあると思うし、このユニバースではみんながよく知っているように何だって起こり得るんだ。コリンは目を撃たれたのに戻ってきて、彼は無事だったよね。ファンタジーなんだ。だから、僕はそれ(マーリン復活の可能性)を除外しないよ」と乗り気な様子を見せていた。

 コリンは第2弾『キングスマン:ゴールデン・サークル』公開時のシネマトゥデイのインタビューで、「マーリンは本作の最も強い特徴の一つになっている」と語り、「マークは最高の英国俳優の一人。人々は彼がやることには何でも気付く。ユーモアと厳粛さと神秘的なもの。彼はマーリンにとても多くの層をもたらした」とマークを絶賛していた。果たしてハリーに続き、マーリンも復活することになるのだろうか……? 続報を待ちたい。(編集部・市川遥)

体張っています!映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』メイキング » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]