ADVERTISEMENT

赤楚衛二、中島健人の恋のライバル役!「彼女はキレイだった」追加キャスト発表

赤楚衛二、中島健人と初共演!
赤楚衛二、中島健人と初共演!

 中島健人小芝風花がダブル主演を務める7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜よる9時~)の追加キャストが発表され、赤楚衛二佐久間由衣の出演が明らかになった。

【画像】落ちた人続出!「チェリまほ」赤楚が演じた安達

 本作は、「梨泰院クラス」のパク・ソジュンが主演を務めた韓国ドラマ「彼女はキレイだった」を原作とするラブストーリー。冴えない太っちょの少年から毒舌イケメンエリートに成長した長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子に激変した佐藤愛(小芝)のすれ違う恋の行方を描く。

ADVERTISEMENT

 特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の万丈龍我 / 仮面ライダークローズ役で注目を集めた赤楚は、“チェリまほ”の愛称で親しまれたドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」で大ブレイクした。本作で演じるのは、ファッション誌「ザ・モスト」編集部のメンバー・樋口拓也。ムードメーカーで仕事の評判も良く、面倒見が良い。編集部にやってきた愛に興味を持っており、宗介の強力な恋のライバルとなる。

佐久間
桐山梨沙役の佐久間由衣

 朝ドラ「ひよっこ」や映画『“隠れビッチ”やってました。』などで知られる佐久間は、愛の親友でルームメイトの桐山梨沙役を務める。愛とは家族ぐるみの付き合いで、姉妹以上の絆を感じている。超がつくほどの美人で男性からのお誘いが絶えない反面、本人は本気の恋愛をしたことがない。愛に頼まれて身代わりとして宗介と出会い、次第に惹かれていく。

 出演の話を聞いた赤楚は、「原作が韓国で人気なので、この作品を日本版でやるんだという驚きと、自分に声をかけていただいた喜びと頑張らなくちゃいけないなっていうプレッシャーを感じました」と心境を明かすと、「台本を読んでみるとめちゃくちゃ面白い。宗介と愛の関係性や、樋口と梨沙を含めた4人の動きっていうのもそうですし、緩急もしっかりしていて続きが気になるなぁと一気に読めてしまいました」とストーリーに引き込まれたと語る。

ADVERTISEMENT

 中島とは今回が初共演の赤楚は、「役者になる前からテレビで見ていた方なので、“テレビ越しの人”という感じがあり、共演できるのはすごくうれしいです」と笑顔。3度目の共演となる小芝については、「頼もしい仲間が撮影現場にいる印象です」と信頼を寄せた。

 また、梨沙役の佐久間は原作の大ファンだそうで「お話をいただけてうれしい反面、驚きと緊張のいろいろな感情が混ざっている感じです」とコメント。自身が演じるキャラクターについて、「身なりに気を使い美意識が高く、おしゃれが好きっていうところが容姿的な部分ではあるんですけど、中身はすごくピュアで感情も豊かで、そして何より友情を大切にしている女の子です」と説明し、「なので、すごく人間らしいところも見せていけたらと思います」と意気込んでいる。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT