今夜「着飾る恋には理由があって」第6話!真柴と祥吾の距離が近づいて駿は…

駿は何を思う…
駿は何を思う… - (C) TBS

 川口春奈が主演を務めるドラマ「着飾る恋には理由があって」(毎週火曜よる10時~放送、TBS系)の第6話が5月25日に放送。あらすじと見どころを紹介する。

駿は祥吾のことを受け入れるが…「着飾る恋には理由があって」第6話【写真】

 本作は、綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていた真柴くるみ(川口)が、超マイペースなミニマリストの駿(横浜流星)ら価値観の異なる人々と一つ屋根の下で暮らすうちに、自分らしい生き方を見出していくラブストーリー。

[PR]

 前週放送の第5話では、思いを確認しあった真柴と駿だが、距離が近づくにつれて価値観の違いが露わに。真柴は駿をデートに誘うも、駿からの提案はこうじの散歩というもので、恋人になった特別感を求める真柴とは正反対に、駿は変化を望まない。そんななか、陽人(丸山隆平)は相談者である舟木(黒川智花)が駿や真柴たちも巻き込んでの騒動も巻き起こった。

 終盤では、二人は駿のキッチンカーでシェアハウスに帰宅。片付けがあるという駿に向かって、真柴は「考え方も習慣も価値観も正反対だけど、私にないものたくさん持ってる。藤野さんのこともっと知りたいと思えるうちは、一緒にいるって決めた」と思いを告げる。そして駿は運転席の窓から真柴に優しく手を伸ばすと、身を乗り出してキスをするのだった。

 第6話では、姿を消していた葉山祥吾(向井理)と真柴が再会し、シェアハウスに新たに祥吾が加わっての奇妙な6人の共同生活が始まることになる。朝、駿が部屋で目を覚ますと、隣で祥吾が気持ちよさそうに寝ており、意外にも駿は突然の珍客を快く受け入れる。自分がかつて好きだった人ということを気にせずにいる駿のことが、真柴はますますわからなくなってしまう。

[PR]

 祥吾と思わぬ再会を果たしたことで、いつかバイヤーになるという夢がより大きくなった真柴。祥吾はその夢を全面的に応援すると伝え、次第に二人の距離が近づくが、その一方で真柴と駿の心が離れていく。

 そんななか、妊娠騒動以来、陽人は羽瀬(中村アン)が自分を避けているのではないかと気になっていた。羽瀬の“塩対応”に惑わされる陽人はなんとか関係を改善させようと奔走するも、二人の間に思わぬアクシデントが発生する。

 脚本を担当するのは、大ヒットドラマ「恋はつづくよどこまでも」などの金子ありさ。演出を「MIU404」「グランメゾン東京」などの塚原あゆ子が担当している。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]