「バクマン。」鈴木拡樹&荒牧慶彦ダブル主演で舞台化決定

「バクマン。」THE STAGE
「バクマン。」THE STAGE - (C)大場つぐみ・小畑健/集英社・「バクマン。」THE STAGE 製作委員会

 アニメ・実写映画化もされた「週刊少年ジャンプ」連載の大ヒット漫画「バクマン。」が、鈴木拡樹荒牧慶彦のダブル主演で舞台化され、10月に東京・大阪で上演されることが決定した。

【画像】映画『バクマン。』の佐藤健&神木隆之介

 「バクマン。」は、「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみ小畑健が、少年ジャンプのトップを目指す二人の青年と漫画家たちの奮闘を描いた青春ストーリー。高い画力と信念を持つ作画担当・真城最高(通称:サイコー)を鈴木が、学年一の秀才で文才に長けた原作担当・高木秋人(通称・シュージン)を荒牧が演じる。

[PR]

 同作の舞台化を熱望していたという鈴木は「舞台の仕事を始めてから2.5次元作品にも多く参加して以前より漫画を読むようになりましたが、この作品に出会った事で漫画の素晴らしさをより理解出来るようになりました。感謝の気持ちも込めて演じます」と意気込みをコメント。また、荒牧も「原作が大好きで漫画もアニメも全部観ていました。この作品を舞台化するというのは無限の可能性があり、一体どんな舞台になるのか今からとてもワクワクしています。夢を追い続ける最高と秋人の熱い想いを体現出来るよう頑張ります」と語っている。

 サイコーとシュージンのライバルとなる天才・新妻エイジ役は橋本祥平。彼らと競いながら熱い友情を育む漫画家・福田真太役にオレノグラフィティ、平丸一也役に福澤侑、中井巧朗役に村上大樹。2人を支えるジャンプ編集部の編集長・佐々木尚役に唐橋充、担当編集・服部哲役に長谷川朝晴。そして、サイコーの叔父で漫画家の川口たろう役に片桐仁と実力派がそろった。演出・脚本はハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」などのウォーリー木下が務める。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]