可愛くてカッコいい!永野芽郁『地獄の花園』で新たな一面

永野芽郁
永野芽郁 - (C) 2021『地獄の花園』製作委員会

 公開中の映画『地獄の花園』で主演を務める永野芽郁が、普段はキュートなOLだが、いざという時にはヤンキーOLたちと戦う主人公・直子役で新たな一面を見せている。

強烈キャラ&ビジュアル!『地獄の花園』メイキングカット

 バカリズムがオリジナル脚本を手掛ける本作は、日本中のOLたちが抗争を繰り広げるさまを描く。ごくごく普通のOL生活を送っていた直子(永野)の会社にある日、一人のカリスマヤンキーOL・蘭(広瀬アリス)が中途採用されたことをきっかけに、OLたちの熾烈な戦いが始まる。

[PR]

 ヤンキーOLたちが抗争に明け暮れる姿を横目で眺めていただけの直子は、蘭と親しくなるうちに否応なしに戦いに巻き込まれていく。物語の序盤では、おっとりとした雰囲気を醸し出す直子だが、あることをきっかけに勇ましい姿でヤンキーOLたちを圧倒していく。無数の敵を相手にするシーンでは、「全員まとめて殺してやる!」と絶叫。ふり幅のある演技を見せる永野についてSNS上では、「かっこ可愛い」「めちゃくちゃ可愛いかった」「アクションカッコいい」といったコメントが見受けられ、好評を博している。

 直子を好演した永野は、本作で本格的なアクションに初挑戦。約5か月前からトレーニングをして撮影に挑んだ。劇中、キレイな足蹴りも決めているが、永野は「どちらかというと体が硬いんですよ。硬いのに足を上げなきゃいけないから、勢いとか、角度とか、細かく試して、一番キレイに上がる方法をアクション部のスタッフさんに指導していただいて、なんとかカタチにできたという感じです」と苦労があったことをシネマトゥデイのインタビューで語っている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]