ADVERTISEMENT

菅田将暉&永野芽郁の微笑み!『キネマの神様』新カット

ゴウと淑子の愛の軌跡…
ゴウと淑子の愛の軌跡… - (C) 2021「キネマの神様」製作委員会

 松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』(8月6日公開)から、ダブル主演を務める沢田研二菅田将暉、そして宮本信子永野芽郁の笑顔を捉えた新カットが公開された。

【新場面写真】二人一役!沢田研二&菅田将暉の笑顔

 原田マハの小説を山田洋次監督が映画化する本作。映画を愛し続け、挫折を味わいながらも夢を追いかけた主人公・ゴウの人生を愛と友情、家族の物語を交えて描き出す。

ADVERTISEMENT

 このたび公開されたのは、現代と過去のゴウと淑子の姿を切り取った場面写真。故・志村けんさんの遺志を継いだ沢田が現代のゴウ、菅田が若かりし頃のゴウにふんし、宮本と永野が二人一役で現代と過去の淑子を演じているが、場面写真にはまだお互いの気持ちを知らずにいた頃のゴウと淑子や、夫婦として約50年連れ添った現代の二人の姿が。その笑顔からは、互いを思い合う二人の愛の軌跡が伺える。

 一途にゴウに寄り添う淑子を演じた永野は、「淑子のゴウちゃんに対する愛情の強さや、映画とまっすぐに向き合う気持ち、色々なものに温かさを感じました。それを山田監督に演出していただく時にはとてつもない大きな愛情にあふれた作品になるんだろうと思いました」と語っている。(須田璃々)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT