ADVERTISEMENT

安藤政信『ザ・ファブル』長髪も好評!凄腕の殺し屋役

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』より安藤政信演じる凄腕の殺し屋・鈴木
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』より安藤政信演じる凄腕の殺し屋・鈴木 - (C) 2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

 岡田准一主演のヒット作の第2弾『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(公開中)で、新キャラの殺し屋・鈴木を演じる安藤政信。演技面に加え原作を踏襲した長髪のビジュアルも人気を博している。

【写真】『るろ剣』ではグレーに染め高杉晋作を好演

 本作は、南勝久の人気コミックを岡田主演で実写映画化し、興行収入17.7億円のヒットを記録した『ザ・ファブル』(2019)のシリーズ2弾。「どんな相手も6秒以内で仕留める」という伝説の殺し屋“ファブル”(岡田)が、「一年間誰も殺すことなく“フツーに”生きろ」とのボス(佐藤浩市)の命令に従い休業期間へ。相棒ヨウコ(木村文乃)と兄妹のフリをして穏やかに暮らすべく奮闘するも、車いすの少女ヒナコ(平手友梨奈)や裏の顔を持つNPO団体代表・宇津帆(堤真一)らとの予期せぬ“再会”によって、再び血なまぐさい世界に引き戻されていく。

ADVERTISEMENT

 安藤が演じるのは、宇津帆が雇った凄腕の殺し屋。宇津帆、彼のNPO団体で働くヒナコ、鈴木と同じく宇津帆に雇われた裏社会の男・井崎(黒瀬純)とチームを組み、若者をターゲットにした犯罪に加担。ファブルのうわさは耳にしており、かつて弟を殺されファブルへの復讐を誓う宇津帆と共に彼に立ち向かうこととなる。

長髪スタイルも好評!

 ビジュアルは原作の通りロン毛。年齢は40歳に近く、整形している。所持する銃はサイレンサー付きのハッシュパピー。映画では、銃撃戦を中心にしたアクションを展開するが、なかでも木村文乃演じるファブルの相棒ヨウコとのキッチンでのテーブルを挟んだ格闘シーンが話題に。ヨウコの並外れた身体能力、そして鈴木の殺し屋としての特徴を捉えた重要なシーンとなっている。

 鈴木の過去が明かされることもなく、そのミステリアスなキャラクターが安藤にハマっていると支持されており、「ロングヘアの安藤政信の破壊力すごい」「かっこ良すぎた」「原作に近くてホント良かった」といった感想が寄せられている。

ADVERTISEMENT

 ファイトコレオグラファーも兼任した岡田からアクション指導を受けることもあったと言い、5月末に行われたPRイベントでは「岡田のアクションはマジですごい。最初は、なんで(岡田に)指導されなければいけないんだという気持ちでいたけど、岡田の動きやアクションの考え方、哲学みたいなものを見て、すぐに『弟子にしてください。道場通いたいです』と伝えました」と圧倒されたことを明かしていた。

 これまで『スマグラー おまえの未来を運べ』などでも殺し屋を演じた安藤。公開中の『るろうに剣心 最終章 The Beginning』では主人公の緋村剣心(佐藤健)を見いだす長州藩の志士・高杉晋作として、重要な役を担っている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT