ADVERTISEMENT

『るろ剣』安藤政信の柔らかな魔力!高杉晋作役で見せたカリスマ性

カッコいい!高杉晋作役の安藤政信
カッコいい!高杉晋作役の安藤政信 - (C) 和月伸宏/集英社 (C) 2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final / The Beginning」製作委員会

 俳優の安藤政信が、大ヒット公開中の映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』で高杉晋作を演じ、「かっこよすぎる!」と視線を集めている。そんな安藤の魅力について、本作のメガホンをとった大友啓史監督が語った。

【写真】再現度すごい!『るろうに剣心』キャスト一覧

 『るろうに剣心』は佐藤健主演で和月伸宏の大人気漫画を実写映画化した人気シリーズ。現在、最終章2部『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が公開中で、『The Final』では主人公・緋村剣心(佐藤)と雪代縁(新田真剣佑)の死闘、『The Beginning』では剣心の過去にまつわる物語が描かれる。

ADVERTISEMENT

 安藤は『The Beginning』で歴史上実在した長州藩の志士・高杉晋作を演じた。実力主義者の高杉は「身分も格式も関係ない。戦うは志と剣の腕」と唱え、奇兵隊を創設。桂小五郎(高橋一生)と共に剣心を見出すが、彼を暗殺者に任命しようとする桂に「一人の若者の人生を台無しにするのだから、自分は倒幕祭りのきれいな神輿であることを貫け」と戒めるなど、豪胆さと繊細さを併せ持ったキャラクターだ。

 そんな高杉役のキャスティングについて、大友監督は「悩みに悩んで最後にふっと浮かんだのが、安藤さんでしたね」と振り返り、「独特な自分のテンポを持っていて、役に憑依していくというよりは、役を自分の人生に引きずり込んでしまうような魅力、柔らかな魔力がある。一瞬にして、奇兵隊に集まった人々の心を駆り立て蹶起(けっき)させる様が、これほど似合う人はいないでしょう」と安藤の魅力を明かす。

 「高杉の存在は、たとえフィクションの中の短い一瞬であったとしても、幕末史に残る巨大な存在として描く必要があります。時代を大きく動かす転換点となった『奇兵隊』の発案者でもあり、革命家でもありますからね。演者を考えた時に、ある種のカリスマ性が必要不可欠です。と同時に、刹那に命を懸け、三味線の音色を愛し、常に傍らに女性の存在を意識させるような、艶や粋を感じさせる風貌や雰囲気を大切にしました。そんな僕の思う高杉像を、安藤さんは見事に体現してくれたと思います」(大友監督)

 高杉の登場シーンは短いながら、その唯一無二のカリスマ性で観客の心をつかんでおり、SNS上には「マジでかっこいい」「もっと観たかった」と絶賛の声があがっている。大友監督も「今回は短いシーンでしたが、本当はもっとがっつりシーンに起こしたかったし、もっと高杉、撮りたかったなあ」と惜しむほど、魅力的な高杉を演じきった安藤の姿は見逃せない。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT