ADVERTISEMENT

窪塚洋介、「浦島太郎みたい」19年ぶりドラマ主演への思い明かす

19年ぶりにドラマに主演する窪塚洋介
19年ぶりにドラマに主演する窪塚洋介

 俳優の窪塚洋介が27日、都内で行われた縦型動画プラットフォーム「LINE NEWS VISION」の2周年記念ドラマ「上下関係」(7月30日から配信開始)完成披露発表会イベントに登壇。窪塚は、「ロング・ラブレター~漂流教室」以来、19年ぶりのドラマ主演を果たす素直な心情を打ち明けた。この日は、河合優実大島優子降谷建志田中麗奈でんでん板尾創路柿本ケンサク監督も来場した。

【写真】窪塚洋介、河合優実、大島優子ら「上下関係」完成披露イベント

 本作は、謎の男・カワサキ(窪塚)が暮らすアパート「メゾンピルグリム」に引っ越した小夏(河合)が、クセのある“下層”の人間たちとの間で起こる不可解な事件を通し、アパートに隠された謎やさまざまな上下関係が浮き彫りとなり、驚がくの真実を突き付けられるさまを描いたミステリー。

ADVERTISEMENT

 ハリウッド映画『沈黙 -サイレンス-』に出演したり、『アリーキャット』に主演したりと、近年は映画に力を入れている窪塚。そんなこともあってか、「さっき(ドラマ主演は)19年ぶりだと言われて、浦島太郎みたいだなと思ったんですけど、自分からするとそんなに経っていたのかぁという感じ」と、あまり驚きはない様子。とはいえ、短い撮影期間ながら、座長としての責任や楽しさは体感したそうで、「座長というポジションは、“現場を作って役を演じる”ということができやすいので、そこを楽しんでいたんだなぁと思い返していました」としみじみと語った。

上下関係
登壇者一同。

 役づくりについては、「古風なしゃべり方や独特の言い回し、含みのあるセリフが多かったので、自分を馴染ませて演じるということと、特殊なワンシチュエーション縛りみたいなのがあるので、一つ一つの意味を噛みしめて、違いを表現することを意識しました」と説明した。

ADVERTISEMENT

 そんな窪塚をはじめとした名だたるキャスト陣を「レジェンド」と表すデビュー3年目の河合は、特に窪塚との共演が印象的だったようで、「初日はガチガチの状態だったので、窪塚さんの存在にすがるような気持ちで乗り越えました」と吐露。また、物語の終盤となるシーンで窪塚の手が自身の頭に置かれたとき、「つながりたいと思い、手をギュッと握った」とも明かし、「カットがかかった瞬間、窪塚さんがもう一回手をギュッと握って、『うん』とうなずいてくれたので、役としてつながれた気がしました」とはにかんだ。

 作品にちなみ、「上下関係」と聞いて思い浮かべる人を問われると、窪塚は河合を挟んで立つ親友でもある降谷を見ながら「Rock Star→2つとなり」と書いたフリップを掲げ、「建志の方が一個上なんですけど、ちょいちょいため口ですみません」と陳謝。そして、「上下関係は身についていますが、かといって年下に上からいこうとは思わないです。敬意を持って誰とでも会いたい」と自身の生き方を示した。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT