ADVERTISEMENT

カンバーバッチが平凡なセールスマンからスパイに…『クーリエ』場面写真公開

『クーリエ:最高機密の運び屋』より
『クーリエ:最高機密の運び屋』より - (C) 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 ベネディクト・カンバーバッチが主演を務める映画『クーリエ:最高機密の運び屋』(9月23日公開)から、新たな場面写真が公開された。

スパイ役のカンバーバッチ!『クーリエ』場面写真

 キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた実話を基にした本作は、核戦争回避のために命を懸けた男たちの葛藤と決断を描くスパイ・サスペンス。シアーシャ・ローナン主演の『追想』などで知られるドミニク・クック監督がメガホンを取った。

ADVERTISEMENT

 公開された場面写真は、カンバーバッチふんする主人公グレヴィル・ウィンをはじめとするキャラクターたちの姿を捉えたもの。ある日突然スパイとなった平凡なセールスマンのウィンが、緊張した面持ちでロンドンの街を歩く場面や、盗聴や監視を常に警戒してアイコンタクトを送るシーンが切り取られている。さらに、ウィンの妻シーラ(ジェシー・バックリー)の不安げな表情や、CIA局員のエミリー(レイチェル・ブロズナハン)がソ連側に潜入する様子なども確認することができる。

 1960年代当時の雰囲気を再現するために、クック監督は劇中で使用する色を限定したそう。「たとえば、赤いレンガは使わないことにした。厳しさを感じさせたかったので、赤いレンガは一つもないんだ。ソフトで温かで趣きのある世界にはしたくなかったんだ」とこだわりを明かしている。(須田璃々)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT