ADVERTISEMENT

神木隆之介の休日を妄想!「撮休」シリーズ第3弾が来年1月放送

人気シリーズの第3弾!「WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休」
人気シリーズの第3弾!「WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休」

 突然撮影が休みになった俳優の一日をクリエイターたちが妄想を膨らませて描くドラマの第3弾「WOWOWオリジナルドラマ神木隆之介の撮休」が2022年1月7日より放送・配信されることが決まった。

金髪・神木隆之介が爆イケ!【フォトギャラリー】

 「撮休」シリーズは、ドラマや映画の撮影期間に突然訪れた架空の休日を役者本人が演じる1話完結のオムニバスドラマシリーズ。知られざる“オフの姿”をクリエイターたちが妄想を膨らませ描き、主演となる俳優が自分自身を演じるパラレルストーリーが展開されていく。これまで有村架純竹内涼真がシリーズに参加しており、第3弾となる新作では各方面で活躍する俳優・神木隆之介の“撮休”が描かれていくことになる。

ADVERTISEMENT

 今作の監督を務めるのは、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』や公開中の『護られなかった者たちへ』などの瀬々敬久をはじめ、『おじいちゃん、死んじゃったって。』『さんかく窓の外側は夜』などの森ガキ侑大、『Playback』『きみの鳥はうたえる』などの三宅唱、『ミセス・ノイズィ』などの天野千尋、『少女邂逅』などの枝優花

 脚本には多彩な顔ぶれが揃う。恋愛をテーマとする小説や映画脚本を手掛ける狗飼恭子、『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』などの高田亮、auのCM「三太郎シリーズ」「意識高すぎ!高杉くんシリーズ」を手掛ける篠原誠、ドラマ「バイプレーヤーズ」や映画『子供はわかってあげない』などのふじきみつ彦、ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」の構成に携わった竹村武司、劇団・玉田企画を主宰している玉田真也、森ガキ監督の『おじいちゃん、死んじゃったって。』に参加した山崎佐保子(タツサキが正式表記)、劇団「贅沢貧乏」を主宰する山田由梨が脚本を務める。(編集部・大内啓輔)

「WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休」は2022年1月7日よりWOWOWにて放送・配信

神木隆之介のコメント

実在の役者を題材に物語を描くって斬新な企画だなって思っていました。オファーをいただいたときは僕の本当の“撮休”を知らない監督や脚本家のみなさんがどんな物語を作ってくださるのか楽しみだな~と。人の休みを描くってすごく自由だし、みなさんが作ってくださる僕っていうのが、もともとみなさんが抱いていたイメージなのか、それともそのイメージを覆したい思いがあるのかとか、どう見えているんだろうっていうのが気になって、脚本が届くのを楽しみにしていました。他の作品と違って、僕自身が僕を演じるので、本来の僕と、脚本上のセリフの言い回しをすり合わせるバランスなど、何を基準に調整していくのかという難しさはありましたが、各話の“神木”が羨ましいなとも思いながら、楽しく演じさせていただきました。非日常的なものからリアリティーあふれるものまで、監督と脚本家の方の個性が出た“架空の神木の休日”の物語となっていますので、各話の違いと味を楽しんで観ていただけるとうれしいです!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT