ADVERTISEMENT

『007』ダニエル・クレイグ、次期ボンドが誰になるかは「僕には関係ない」

関係ないね - 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より
関係ないね - 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より - MGM / United Artists Releasing / ゲッティ イメージズ

 現在公開中の映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』をもってジェームズ・ボンド役から引退するダニエル・クレイグ(53)。それだけにインタビューでは「誰が次のボンドになると思うか」と聞かれ続けているが、ダニエルは「それは自分には関係がないこと」と主張している。

【動画】ダニエル・クレイグ、終わり方は15年話し合ってきた『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』インタビュー

 ケヴィン・ハートが司会を務めるSiriusXMの番組「Straight From the Hart」でもこの件について聞かれたダニエルは、「ケヴィン、ケヴィン、ケヴィン、それは僕には関係のないことだ。それについて考えなくたって、十分なほどやることはあるし。それは大いに頭を悩ませる問題であり、僕にはそんなの必要ないよ」と回答。

ADVERTISEMENT

 しかし、誰が次期ボンドになろうと、その人のパフォーマンスを観る準備はできているという。「それが誰であろうと、ほら、プロデューサーたちは素晴らしい人を見つけるだろうから、きっと素晴らしいものになるよ。そして僕は映画館の最前列・中央にポップコーンと飲み物を持って座ることになるだろう。だって待ち切れないからね」

 また、次期ボンドへのダニエルからのアドバイスは「しくじるな」というもの。「その役をつかんで、自分のものにしなくてはいけない。それこそが前に進めるための方法だと思う。つまり、僕はただできる限りこの役に自分をささげ、出来る限りこの役を高めようとした。願わくば、僕がこの役をいい場所に残せていたらと思うし、次の人にはそれをただ羽ばたかせてほしいと思う」と語っていた。(BANG Media International)

ダニエル・クレイグ、終わり方は15年話し合ってきた『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』インタビュー » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT