ADVERTISEMENT

小道具銃の事故で撮影監督死亡 アレック・ボールドウィン主演映画の撮影中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
出演映画で死亡事故が起きたアレック・ボールドウィン(10月7日撮影)
出演映画で死亡事故が起きたアレック・ボールドウィン(10月7日撮影) - Mark Sagliocco / Getty Images for National Geographic

 現地時間21日、アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ郡で行われていた、俳優アレック・ボールドウィンさんが出演する新作映画の撮影現場で事故が起き、死傷者が出たとVarietyほか各メディアが報じた。撮影用の小道具の銃(プロップガン)が原因とされ、監督1名が負傷し、撮影監督1名が死去。保安官事務所は声明で、発砲したのはボールドウィンさんだったと発表している。

 事故は、ボールドウィンさんが共同プロデューサーを務める西部劇『ラスト(原題) / Rust』の撮影中に起きた。プロップガンを発砲するシーンで、発射された何かが現場にいた2名に当たったとみられ、撮影監督のアリナ・ハッチンスさんがヘリコプターで病院に搬送された後に死亡が確認された。監督のジョエル・ソウザさんも負傷し、救急車で搬送され治療を受けているという。

 Deadlineによると、サンタフェ郡保安官事務所は声明で、2人はボールドウィンさんが小道具の銃を発射した際に撃たれたと発表しているとのこと。ボールドウィンさんは取り調べの後で解放され、逮捕も起訴もされていない。当局は目撃者への聞き取りを行っており、現在も捜査中ということだ。事故を受けて製作は中断されているという。(編集部・入倉功一)

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT