ADVERTISEMENT

今夜24日「真犯人フラグ」第3話!凌介は見知らぬ男からメッセージを受け取る

突きつけられ…
突きつけられ… - (C) 日本テレビ

 ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系・毎週日曜)の第3話が、今夜24日よる10時30分から放送される。主人公の凌介(西島秀俊)は、事件についてある人物からメッセージを受け取る。

誰が敵で誰が味方?「真犯人フラグ」第3話場面カット

 2022年3月まで2クール連続で放送される本作は、企画・原案を秋元康が務め、「あなたの番です」の制作スタッフが作り上げるオリジナル新作ミステリー。中堅の運送会社・亀田運輸に勤める平凡なサラリーマンの凌介は、妻・真帆(宮沢りえ)と、高校生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)と幸せな家庭を築いていたはずだったが、ある日突然3人が失踪する。

ADVERTISEMENT

 3人が忽然と姿を消し、世間から“真犯人フラグ”を立てられてしまった凌介(西島)は、部下である瑞穂(芳根京子)に、配送車のドライブレコーダーから見つかった映像を見せられる。その映像では、赤い傘をさした真帆らしき女性が篤斗の手を引き、後ろには光莉とよく似た女子高生が歩いていた。これが3人だとすると、篤斗がサッカー教室に行く直前の17時18分、3人は一緒にいたことになる、ということろまでたどり着く。

 そんななか、凌介は、大学の後輩で新居を担当する営業マンの林(深水元基)から、再び新居の建築を中断するよう勧められる。さらに、見知らぬ男から「事件についてお話したいことがあります」というメッセージが届く。凌介は瑞穂と相談して、大学からの友人・日野(迫田孝也)の店「至上の時」で、その男と会うことにする。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT