ADVERTISEMENT

電脳コイル・磯光雄の新作アニメ『地球外少年少女』映像公開!2022年に前後編限定上映

磯光雄の新作を劇場で! 『地球外少年少女』より
磯光雄の新作を劇場で! 『地球外少年少女』より - (C)MITSUO ISO / avex pictures・地球外少年少女製作委員会

 2007年にNHKで放送されたアニメ「電脳コイル」の磯光雄監督が、約15年ぶりに原作・脚本・監督を務める新作『地球外少年少女』の特報映像が公開され、2022年1月28日より前編が、2月11日より後編が、各2週間限定で劇場上映されることが明らかになった。

オリジナルアニメ『地球外少年少女』特報映像

 「地球外少年少女」は、磯が原作・脚本・監督を務める2作目のオリジナルアニメ。「交響詩篇エウレカセブン」「ガンダム Gのレコンギスタ」の吉田健一がキャラクターデザインを手掛け、2018年に構想とコンセプトビジュアルが発表されると、Twitterトレンドを席巻する反響を巻き起こした。

ADVERTISEMENT

 物語の舞台となるのは「AIの発達により、誰もが宇宙空間に行けるようになった2045年」。特報では、地球から宇宙旅行へやってきた地球の子供たちと月生まれの子供たちが、日本製宇宙ステーション「あんしん」で出会う姿が描かれ、壮大な冒険を予感させる映像が展開。ポップな宇宙ステーションやドローン、SNSの動画配信画面など、どこか身近な、近未来の宇宙描写が登場する。各キャラクターの声優陣は後日発表される予定だ。

 「明るくて面白い宇宙や未来をアニメの舞台として描きたい!」と制作のきっかけを明かす磯監督は「宇宙や未来といえば、最近は暗いディストピアばかりになってしまった気がしますが、『地球外少年少女』では普通の中学生や小学生が飛び込めるハラハラ・ドキドキの冒険物語を描くつもりです。今度の宇宙はコンビニがあってスマホも使えます! 本編をお楽しみに!」とコメント。「電脳コイル」をほうふつさせるジュブナイルと未来感にあふれた物語の誕生を期待させる。

 さらに、キャラクターデザインの吉田は「宇宙なんて行く必要がない。夢見てもしょうがない。現実を見ろ。それは失敗するからやるな等々。リアルを語る意見が多い世の中になった気がします。ボクもイソさんも 『だったら宇宙に行ってみよう』と、この作品を作る事にしました。皆で体験してみて下さい。失敗なんて、やってみないと出来ませんよ」と呼びかける。

ADVERTISEMENT

 また、数々の名作アニメに携わり、「電脳コイル」でも総作画監督を務めた井上俊之が、メインアニメーターとして参加。「『電脳コイル』では彼のオーダーに十分応えられなかったという思いがあった」という井上は「その雪辱を果たそうとの思いで今作への参加を決心した、というのが本当のところです。果たしてその結果や如何に、乞うごご期待!」と意気込んでいる。

 本編は全6話構成となっており、それらを3話ずつにまとめて前編・後編として上映。さらに劇場公開版のブルーレイ&DVDが映画館で先行発売される。(編集部・入倉功一)

オリジナルアニメ「地球外少年少女」は2022年1月28日前編、2月11日後編、各2週限定劇場上映 劇場公開版Blu-ray&DVD同時発売予定

電脳コイル・磯光雄最新作『地球外少年少女』特報映像 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT