ADVERTISEMENT

電脳コイル・磯光雄監督、15年ぶり新作誕生秘話 宇宙の作品を「自分たちで作っちゃおう」

15年ぶり新作がついに公開!- 舞台挨拶の様子
15年ぶり新作がついに公開!- 舞台挨拶の様子 - (c)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会

 テレビアニメ「電脳コイル」(2007)で知られる磯光雄監督が28日、新宿ピカデリーにて行われたオリジナルアニメ『地球外少年少女 前編「地球外からの使者」』の初日舞台あいさつに出席し、約15年ぶりに原作・脚本・監督を務めた新作の誕生秘話を明かした。この日はボイスキャストの藤原夏海和氣あず未小野賢章赤崎千夏も登壇した。

『地球外少年少女』本予告編

 本作は、誰もが宇宙空間に行けるようになった2045年が舞台。月で生まれた子供たちと、宇宙旅行にやってきた地球の子供たちが、大きな衝突事故をきっかけに起こった困難に立ち向かう。キャラクターデザインを「交響詩篇エウレカセブン」などの吉田健一が担当した。2月11日からは、本作に続く『地球外少年少女 後編「はじまり物語」』が2週間限定で劇場上映される。

ADVERTISEMENT

 磯監督は「宇宙ものって、宇宙戦艦、機動戦士とかみたいなものが多く、普通の宇宙ものってないねという話をプロデューサーとしていたんです」と企画の発端を明かすと、「それならば自分たちで作っちゃおうか」という形で作品がスタートしたと語る。

 劇中では、藤原たちが声を吹き込んだ個性的なキャラクターが躍動する。磯監督は「最初に誕生したキャラクターは誰?」という赤崎の質問に「(藤原が担当した)主人公の登矢くんですね」と答えると、「いろいろな人から登矢は難しいと言われたのですが、モデルはわたしなんです。だからそんなに難しいと思わないんだけれどな」と苦笑い。

原作・脚本・監督を務めた磯光雄監督 - (c)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会

 また「想定から大きく変わったキャラクターは?」という質問に、磯監督は「(赤崎が演じる)美衣奈かな。僕はキャピキャピした女の子が苦手なので、キャラクターデザインの吉田(健一)さんに任せていたのですが、赤崎さんに想定外の声を当てていただき、大きく変わりました」と明かしていた。

 アフレコはコロナ禍ということもあり、ボイスキャストは皆別撮りだったという。しかし磯監督は、「すごく自然でまったく違和感がない。いかにこの人たちが優秀な声優さんであるかわかります」と称えると、「大スクリーンと音響で観ると迫力が違う。何度観ても、いろいろな情報を得られて楽しめるように、ぎっしりと詰め込んだ作品になっています」と新作の出来に自信をのぞかせていた。(磯部正和)

オリジナルアニメ『地球外少年少女』本予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT