ADVERTISEMENT

「こんなにバズるのか!」袴田吉彦「あな番」出演が転機に

袴田吉彦
袴田吉彦

 ドラマ「あなたの番です」を映画化する『あなたの番です 劇場版』(12月10日公開)で、久住譲を演じる袴田吉彦。ドラマ版では、久住と“袴田吉彦”本人の一人二役を担い、放送時は大きな話題となったことについて、「まさか袴田吉彦ってこんなにバズるのかなって」と当時の反響を振り返った。

袴田吉彦『あなたの番です』が転機に【インタビュー動画】

 2019年に2クール連続で放送された「あなたの番です」は、年の差カップルの手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)が、引っ越し先のマンション「キウンクエ蔵前」で殺人ゲームに巻き込まれるさまを描いた作品。袴田は、「俳優の袴田吉彦によく似ている」と言われることにコンプレックスを抱く「キウンクエ蔵前」の住人・久住を演じた。

ADVERTISEMENT

 久住は、殺したい人の名前を紙に書くというゲームで“袴田吉彦”と書き、第5話では“袴田吉彦”本人が殺されるのだが、袴田は、「(ドラマ出演が決まり)衣装合わせに行った時に、『袴田吉彦死ぬから』と言われて(笑)。だから俺の役は5話で死ぬんだと思っていました。そうしたら(久住との)二役だったので『なんのこっちゃ!?』と(笑)」と驚きつつ撮影に挑んだそうだ。

 セルフパロディーや自虐的なセリフの数々が話題となり、第5話の放送時には、“袴田吉彦”がTwitterのトレンド入りした。その時の反響について「ものすごかったです! まさか袴田吉彦ってこんなにバズるのかなって。僕のことを知らないような小学生や中学生とかも“袴田吉彦”と。フルネームで覚えられることがなかったので」と振り返る。「これだけ反響があると『あなたの番です』さまさまでしたね。仕事が増えました!」と破顔。放送中、仕事で会う人には、「犯人が誰か教えてほしい!」「犯人を言わないで!」と言われ、熱狂ぶりを肌で感じた。

 また、「台本は、1話終わったら2話、2話終わったら3話としか渡されないので、誰が死ぬとか全然わかっていなかったんです。それがよかったのかな」と当時を思い返し、「観ている人よりも僕らが楽しんでいました。キャスト同士でも推理していましたけど、全然わからなくて(笑)。プロデューサーに聞きにいくこともありました。(原田)知世さん(演じる菜奈が)死ぬことを全然知らなくて! しかも(前半パートの)10話でもう出ないのか! と。あれが一番の驚きで、みんな本当に驚いていました。主役死ぬんだ(笑)! と」と出演者たちも視聴者と同じように物語の展開に衝撃を受けていたという。

ADVERTISEMENT
10
『あなたの番です 劇場版』に出演する袴田吉彦

 そんなドラマが劇場版に。劇場版では、ドラマ初回で描かれた、菜奈と翔太の引っ越しの日を起点としたもしもの世界が展開する。「ドラマでは、久住は牢屋に入り、死んでしまった人もいる。『(久住は)出る?』と聞いたら『ちゃんと出るから』と言われたんです」と久住が登場するのか思わず確認したという。

 いざ撮影が始まると「百戦錬磨の俳優たちばかりで収拾がつかない(笑)。みんなすごいんです。笑わないようにするのに必死でした」と回顧。袴田は、坪倉由幸我が家)と片桐仁とコミカルな掛け合いをする場面が多く、「ずっと3人でふざけていました。カメラ回ってても回ってなくても全然変わらないんです(笑)。適当なことを言っているので、修学旅行みたいでした(笑)」と撮影を思い出して笑顔があふれる。

 それでも、常に緊張感をもって芝居に挑んでいるといい、「年を取ってからの方が緊張することがあるのかなと感じています。諸先輩方も緊張するとおっしゃっていますし。変な緊張しないようにはしていますが、ある程度の緊張は必要」と語る。「長台詞を間違えられない、とか緊張しますが、そういう緊張がないのは田中圭くらいかもしれません。彼は台詞覚えがめちゃくちゃ早いので(笑)。出会った16歳の時から変わってないです。そのまま大人になったみたいな。変わらなさがすごさ」と笑いながら田中を称賛する。

ADVERTISEMENT

 一方、袴田自身は「40くらいから、俳優としての芸歴などを意識しないようにしました。芸歴を重ねれば重ねるほど『できて当たり前だろ』ということがプレッシャーになったりしていたので」と胸の内を明かす。「『できなかったらいいや』と開き直りしかないかな。そのきっかけのひとつが、『あなたの番です』でした。あれだけ豪華な俳優の方たちが出演する作品に出たことが転機にはなったのかなと今は感じます」

 「今でも『あなたの番です』について『すごく面白かった』といった感想を言われることがあります。やはり励みにもなるし、劇場版も観てもらいたいですね」と本作への思入れは強い。改めて、多くの人を夢中にさせた作品に出演したことについて聞くと「運なのかなとは思いますが、俳優人生のなかで、ものすごく大きいことだった」と俳優人生のターニングポイントとなったと明かしていた。(編集部・梅山富美子)

袴田吉彦、「あなたの番です」出演が転機に 映画『あなたの番です 劇場版』インタビュー » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT