ADVERTISEMENT

今夜12日「真犯人フラグ」第9話!真帆の秘密に凌介の苦悩が深まる

真帆の秘密とは…?
真帆の秘密とは…? - (C) 日本テレビ

 ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系・毎週日曜)の第9話が、今夜12日よる10時30分から放送される。真帆(宮沢りえ)のことをまったく理解していなかったと思い知らされた凌介(西島秀俊)の苦悩が深まる。

林に詰め寄る凌介…第9話場面カット

 本作は、中堅の運送会社・亀田運輸に勤める平凡なサラリーマンの凌介(西島)が主人公。妻・真帆(宮沢)と、高校生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)がある日突然失踪することから物語は展開する。

ADVERTISEMENT

 凌介は、真帆が隠していた「DNA情報鑑定センター」の封筒を、真帆のママ友・朋子(桜井ユキ)に突き付けられる。朋子は、真帆が抱えていた秘密を凌介に話し始め、その内容に衝撃を受ける。

 また、相良家の新居建築が再開され、現場では林(深水元基)が馬場(高杉一穂)に仕事の引継ぎをするなか、凌介が現れて林に詰め寄る。そこに、林の事情聴取に来た刑事・阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)もやってくる。真帆たちが失踪した日の夕方以降、林には確実なアリバイがなく、林の曖昧な答え方に、阿久津と落合は不審を抱く。

 激しく落ち込む凌介を心配する亀田運輸の面々。上司の太田黒(正名僕蔵)まで気を遣い始め、見かねた部下の瑞穂(芳根京子)は凌介を励ます。凌介は「至上の時」で、朋子から聞いた真帆の秘密を打ち明ける。そして、凌介が大きな決断を下したある夜、事態が急転。危険人物の正体が判明するという。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT