ADVERTISEMENT

横浜流星『嘘喰い』で「絶対的な自信」を意識!プロデューサーらが絶賛

真剣なまなざしの横浜流星
真剣なまなざしの横浜流星 - (C) 迫稔雄/集英社 (C) 2022映画「嘘喰い」製作委員会

 横浜流星が、主演を務める映画『嘘喰い』(2月11日公開)で、地毛を銀髪にして天才ギャンブラーの主人公・斑目貘(まだらめ・ばく)役に挑んでいる。演じるにあたり「絶対的な自信」を意識したそうで、エグゼクティブプロデューサーの濱名一哉中田秀夫監督らは横浜に称賛を送っている。

横浜流星、斑目貘役で不敵な笑み!映画『嘘喰い』より【写真】

 原作は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された迫稔雄による人気漫画。「嘘喰い」の異名を持つ貘が、大金と生死を懸けたギャンブルバトルが行われる闇組織の頂点を目指すさまを描く。

ADVERTISEMENT

 横浜は、どんなイカサマも悪魔的IQで見破り、「あんた、嘘つきだね」と相手を圧倒する貘役を担う。「初めて恋をした日に読む話」「あなたの番です-反撃編-」や、『きみの瞳が問いかけている』などジャンルと問わず幅広い作品で常に新しい顔を見せてきた横浜が、ギャンブルに魅せられ、自信たっぷりでどこか飄々(ひょうひょう)としている貘役で新たな一面を見せている。また、地毛を銀色にしており、ビジュアル面でも貘になり切っている。役のために、撮影中には何度も染め直したそうだ。

 エグゼクティブプロデューサーを務める濱名一哉は、「目力、演技と佇まい。あの奇抜な格好をしても偉そうにならないという魅力を持ち合わせながら、独特の世界観の中で生死を賭けた戦いに挑む姿が格好良く、色っぽくスリリングな要素を兼ね備えている若手俳優となると、もう横浜さんしかいないと思いオファーさせていただきました」と起用理由を明かす。

 横浜は、自身は役づくりについて「意識したことは、貘には絶対的な自信がある。その自信っていうのは意識してました。逆にそこさえあればいいなって。それはすごく大事にしました」と語っている。

 中田監督は、「貘は、あたかも生き急いでいるかのように、命を張った危険な賭けをしますが、横浜流星くんとは『それでも貘はピンチを飄々と潜りぬけ』『相手の嘘を(喰い)見破りながら、勝つときはこの上ないエグい勝ち方をする』そのカタルシスを大事にしましょうと話し合いました」と語っており、「クランクインしてすぐにわたしが思い描いていた、主人公貘の内面、特に彼独特の“死生観”をしっかりと捉えてくださったと思っています。自分の考えをしっかりと持って作品の準備に臨み、いざ撮影が始まるとこちらの用意した世界に全身で飛び込んできてくれて本当に楽しかったです」と振り返る。

 また、原作の迫は、「横浜流星さんともお話させていただきましたが真面目で明るい人柄に心を撃たれました、実際に銀髪にして斑目貘になりきる熱演ぶりもすごいです」と絶賛している。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT