ADVERTISEMENT

緒方恵美『劇場版 呪術廻戦 0』乙骨憂太に共感「わたしも永遠の厨二病」

緒方恵美
緒方恵美

 公開中の映画『劇場版 呪術廻戦 0』で、主人公・乙骨憂太を演じている緒方恵美。乙骨の痛み、覚悟、戦いを見事に表現し、観客を「呪術廻戦」の始まりの物語へと誘っている。成長過程にある少年を演じる醍醐味について、緒方は「揺れている時期を演じることは、とても楽しいです。その人なりの生き方を見つけようとすることはとても苦しいし、自分も役と一緒になってもがき苦しむわけですが、苦しいからこそ楽しい」とにっこり。「わたし自身、“永遠の厨二病”のようなところがある」という緒方が乙骨に寄せる共感、を明かした。

緒方恵美ら豪華声優陣が集結!初日舞台あいさつの様子【写真】

乙骨はポンコツで愛すべき存在

02
『劇場版 呪術廻戦 0』より - (C) 2021 「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C) 芥見下々/集英社

 原作は、芥見下々による大人気漫画。劇場版で描かれるのは、既刊単行本の中でも人気のストーリーの一つである「呪術廻戦」の前日譚「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」、通称“0巻”。テレビアニメシリーズの1年前を舞台とし、幼馴染の祈本里香(花澤香菜)を交通事故により目の前で失い、彼女に憑りつかれてしまった乙骨憂太が、呪術高専の教師や生徒と出会い、その呪いを解くことを誓う姿を描く。

ADVERTISEMENT

 芥見下々が思い描く「中性的で、柔らかさ、優しさがあった上で、大きな感情の振れ幅・落差もある」というイメージを受けてスタッフ満場一致で、緒方が乙骨役に決定した。大人気アニメの劇場版に主人公として参加することとなり、緒方は「『呪術廻戦』が人気だということはもちろん知っていましたので、『劇場版の主役? わたしでいいんですか?』と大変驚きました」と戸惑いもあったと語る。

 “0巻”から最新巻まで一気読み、アニメも一気見するなど、「呪術廻戦」に魅了されたという緒方。「“0巻”には、何者でもなかった主人公が成長していく過程が集約されていて、とても感銘を受けた」そうで、乙骨の魅力について「ポンコツですよね(笑)。でもそこがいい」と愛情を傾けつつ、「演じる上では、とてもつかみにくいキャラクターだと思った」と難役と感じたという。

 「最初はビビりだった乙骨が成長して、変化していく。最終的に乙骨は、(戦う相手となる)夏油から『女誑しめ』と評されるような言葉まで発するようになる。ビビリでポンコツだけれど、そういう言葉を発せられる素質がもともと乙骨の中にあったわけです。それを一つの線で結ぶ人物像というのは、一体どういったものなのだろう? と考え込みました。演じていく上で、ストライクゾーンがものすごく狭い役だと思いました」と述懐。「スタッフの方々の意見を聞きたいと思いましたが、コロナ禍とあって『お話ししたい』と申し出ることにも怖さがあって。なんとかお話しする機会を作っていただいた」とコミュニケーションを図りながら、乙骨役を掘り下げていった。

ADVERTISEMENT

戦える自分にならなければ、本当の仲間にはなれない

05
乙骨憂太 - (C) 2021 「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C) 芥見下々/集英社

 「生きていていいという自信がほしい」「変わりたい」と願う乙骨が、仲間との出会いを通して前を向いていく姿が描かれる。「わたしもポンコツですから、そこは一緒」と目尻を下げる緒方だが、乙骨と仲間の関わり合いにも心を寄せる点が多々あったという。

 緒方は「優しい言葉をかけてもらい共闘していく作品もありますが、『呪術廻戦』は、なにもしようとしない人には手を差し伸べてくれない。『何をしに来たんだ?』と言われてしまう。きっかけはくれるけどポンコツであることに自分で気づき、自分で足掛かりを作り、自分の力で成長しないと同じ土台には立てない世界」と持論を展開。「わたしたちの実社会に似てますよね。社会人になると、最初のうちはいろいろと教えてくれる上司がいても、『俺がお前を引っ張ってやる』と上げ膳据え膳言ってくれる人は本当の意味ではいない。『自分はこれができない』ということに気づき、できるようになるところまで自分で上がっていかないと。でもそうやって自立した一人の人間になってきたら、初めて信頼できる人と“本当の仲間”になれる。背中を預けあい、一緒に仕事をできるようになる」と実感とともに語る。

ADVERTISEMENT

 「ヒントをいただきながら乙骨はダメな自分に気づいて、しっかりと傷つき、立ち上がっていくことでみんなと本当の仲間になれた」と彼の成長を分析した緒方自身も、“本当の仲間”を得るまでには悪戦苦闘を繰り返したという。

 「わたし自身の音楽活動で例えるならば、アニメ声優として人気が出たことをきっかけに、ホールコンサートから音楽活動を始めさせていただきました。一旦やめた後、(レコードレーベル)ランティスの社長に手を差し伸べていただいて、そこから初めて自分の音楽と言えるものを作りはじめた。バンを借り、サポートメンバーと共に全国を回るバンド小僧のような活動を、30代半ばになって初めて味わうことができました。そこからさらに紆余曲折。サポートを超えるメンバーと出会い、さらに音楽活動が楽しくなってきた……はずなのに、拭えなくなるほど大きくなってきた違和感。ある時はっきり気づいてしまった。わたしだけがみんなのレベルに全然達していなかったんだ、と。周りはみんなすごくて、自分だけがポンコツ。思えばその状態は、乙骨と似ていました(笑)。誰かに甘えていては、信用される仕事もできないし、ちゃんとした大人にもなれない。そうやってもがいたからこそ、今では、楽しくやれています。信頼できる仲間とチームになれた。今が一番、音楽が好きで、楽しい」と充実の表情を浮かべる。

ADVERTISEMENT

揺れている時期を演じることは、とても楽しい

 キャリアにおいて、ジェンダーや年齢を超えてあらゆるキャラクターに命を吹き込んでいる緒方。乙骨からも揺れる年頃のリアルな痛みが伝わってくるが、緒方は「わたしも永遠の厨二病のようなところがあるので」と微笑みながら、「揺れている時期を演じることは、とても楽しいです。その人なりの生き方を見つけようとすることはとても苦しいし、演じる自分も役と一緒になってもがき苦しむわけですが、苦しいからこそ楽しい」と告白する。

 「乙骨を作り上げていく過程もとても苦しいものでした。プロフェッショナルなスタッフさん、信頼できるすばらしい役者さんのなかで、乙骨と同じようにもがきながら、彼を演じることができた。それはとてもありがたいこと」としみじみと語り、「乙骨を通してまた新しく学ばせていただいたこともあり、もう一つ成長させていただくことができました。本当に感謝しています」と心を込める。

 学ぶ姿勢を忘れず、第一線を走り続けている。2019年からは声優業界初の無料の私塾「Team BareboAt(チーム・ベアボート)」を開講。後進の育成にも力を注いでいる。「もともと人に何かを教えられる性質でもないし、自分の演技の仕方も絶対に人に教えられるものではない」と考えていたが、学びの場に飢えている若手の存在を知り、私塾の開講を決意した。「教えることで、『わたし自身はきちんとできているのか?』と己に立ち返ることになります。学びがあり、とても刺激的です」とさらなる未来を見つめていた。(取材・文・写真:成田おり枝)

『劇場版 呪術廻戦 0』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT