ADVERTISEMENT

山田涼介&眞島秀和の上官部下コンビ!『大怪獣のあとしまつ』新カットが公開

『大怪獣のあとしまつ』より
『大怪獣のあとしまつ』より - (C) 2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

 人気グループ・Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務める映画『大怪獣のあとしまつ』(2月4日公開)から、山田や眞島秀和らの姿を捉えた新場面写真が公開された。

【写真】ブルース役・オダギリジョーの姿も!

 本作は、人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が死んだ後、爆発する危険のあるその巨大な死体の処理に挑む人々の姿を描く空想特撮エンターテインメント。人気ドラマ「時効警察」シリーズなどの三木聡が監督・脚本を務め、現在放送中の「仮面ライダーリバイス」をはじめ多くの特撮作品に携わってきた佛田洋が特撮監督、「平成ゴジラ」シリーズや「ウルトラマン」シリーズなどで知られる若狭新一が怪獣造形を担当する。

ADVERTISEMENT

 山田が演じるのは、怪獣の死体処理という難題に立ち向かう特務隊の一等特尉・帯刀アラタ。公開された新場面写真は、眞島ふんする特務隊の隊長・敷島征一郎とアラタという上官×部下コンビが向き合う場面を切り取ったもので、その真剣な眼差しからは国家の運命を背負った二人の決意が伝わる。

 もう一枚のカットは、オダギリジョー演じる元特務隊隊員の“ブルース”こと青島涼の姿を捉えたもの。爆破のエキスパートであるブルースの衣装は、青一色のユニフォームに身を包んだ特務隊とは対照的な色合いだが、三木監督は「特務隊の世界観はブルー。警察と軍隊の中間に見えるようにイメージしました。映画『スターシップ・トゥルーパーズ』のような現代的な装備に近いイメージにして、濃いめのブルーを部隊色として設定しましたが、特務隊時代に組織のはみ出し者だったオダギリくん演じるブルースのみ、色合いを少し変えています。規律には従わないけど腕はすごいタイプにしたかったので、少し浅めの色にしました。“青ヘル”として隊の中で有名な男だったという設定です」と明かしている。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT