ADVERTISEMENT

今夜23日「真犯人フラグ」第13話!一星と瑞穂がバタコの電話を解析

今夜23日「真犯人フラグ」第13話
今夜23日「真犯人フラグ」第13話 - (C) 日本テレビ

 ドラマ「真犯人フラグ 真相編」(日本テレビ系・毎週日曜)の第13話が、今夜23日よる10時30分から放送される。凌介(西島秀俊)は、バタコ(香里奈)によって意識不明の重体に陥る。瑞穂(芳根京子)と一星(佐野勇斗)は、バタコが最後にかけてきたクレーム電話を解析する。

どこか怪しい鼓太朗(坂東龍汰)「真犯人フラグ」第13話場面カット

 2クール連続で放送されている本作は、中堅の運送会社・亀田運輸に勤める平凡なサラリーマンの凌介(西島)が主人公。妻の真帆(宮沢りえ)と、娘の光莉(原菜乃華)、息子の篤斗(小林優仁)がある日突然失踪することから物語は展開。凌介は、部下・瑞穂や光莉の彼氏・一星と共に事件の真相に迫る。

ADVERTISEMENT

 前回の第12話では、刑事・阿久津(渋川清彦)から、篤斗が実子ではないという父子鑑定の結果を告げられた凌介。第13話では、そんな凌介が意識不明の重体に陥り、親友の日野(迫田孝也)と河村(田中哲司)、瑞穂と一星も病院に駆けつける。防犯カメラには、凌介に毒を盛ったバタコが立ち去る姿が映っていたが、院内に彼女を知る者はおらず、捜査は難航する。

 阿久津と落合(吉田健悟)は、篤斗が事件当日に乗った白い車を追い、宗教団体・かがやきの世界を訪れる。信者の中には、紛れ込んだYouTuberぷろびん(柄本時生)たちの姿も。阿久津は、教祖(相築あきこ)にバタコの写真を見せる。

 一方、一星の会社・プロキシマでは、バタコが最後にかけてきたクレーム電話を解析。その音声から、バタコが失踪事件に関わっていると確信する。そんななか、亀田運輸の配送スタッフ・鼓太朗(坂東龍汰)は、朋子(桜井ユキ)の怪しい行動を目撃。瑞穂に相談をする。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT