ADVERTISEMENT

ディズニー実写版『ピノキオ』9月8日配信決定 名曲「星に願いを」流れる特報公開

『ピノキオ』キービジュアル
『ピノキオ』キービジュアル - (C)2022 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

 ディズニーの名作アニメーションを、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキス監督が実写化した、Disney+(ディズニープラス)の新作映画『ピノキオ』の配信日が9月8日に決定し、ピノキオの姿を描いたキービジュアルと、名曲「星に願いを」(When You Wish upon a Star)の流れる特報映像が公開された。

『ピノキオ』特報映像

 『ピノキオ』(1940)は、人間になることを夢見る操り人形・ピノキオの冒険を描いた名作アニメーション。「星に願いを」など名曲の数々を生み、第13回アカデミー賞の作曲賞および歌曲賞に輝いた。実写版では、名優トム・ハンクスが、ピノキオの生みの親であるゼペットを演じている。

ADVERTISEMENT

 孤独に暮らすゼペットおじいさんは、自ら作った木彫りの男の子の人形に“ピノキオ”と名付け、命が宿るよう星に願いをかけていた。ある夜、彼の願いがかない、ピノキオは妖精ブルー・フェアリーによって命を授かる。ゼペットは自分の息子のようにピノキオを愛し、ピノキオもまた、いつか本物の子供になりたいと願うようになる。

 特報映像では、ゼペットをはじめ、ブルー・フェアリー、ピノキオの「良心」であるジミニー・クリケットの姿が公開。動くピノキオの姿は映っていないが、名曲「星に願いを」のワンフレーズが、幻想的な感動のドラマを予感させる。

 ピノキオに命を与えるブルー・フェアリーを演じるのは、『ハリエット』でアカデミー賞主演女優賞と歌曲賞にノミネートされたシンシア・エリヴォ。ジミニー・クリケットの声は『インセプション』などのジョセフ・ゴードン=レヴィットが担当し、コーチマン役を『美女と野獣』のルーク・エヴァンズが務めるなど人気キャストが集結。ピノキオの声優は「ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー」などのベンジャミン・エバン・アインワースが担当する。(編集部・入倉功一)

ピノキオ|予告編|Disney+ (ディズニープラス) » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT