ADVERTISEMENT

冲方丁×肥塚正史×WIT STUDIOのSFアクションアニメ「ムーンライズ」制作決定

月が舞台のSFアクション「ムーンライズ」
月が舞台のSFアクション「ムーンライズ」

 小説「天地明察」で数々の賞に輝き、「蒼穹のファフナー」「PSYCHO-PASS サイコパス」など人気アニメのシリーズ構成・脚本も務める冲方丁の原作を、テレビアニメ「進撃の巨人」シリーズの肥塚正史監督と WIT STUDIO がアニメ化する、Netflixシリーズ「ムーンライズ」の制作が決定した。

 「ムーンライズ」は、TS西暦2XXX年が舞台のSFアクション。“緩やかな世界政府”を樹立したこの世界の人類は、国際AIネットワーク〈サピエンティア〉による合理的判断に従って生活を送っている。しかし、〈サピエンティア〉が進めた“月開拓事業”は、平和な地球と、汚染物や犯罪者を押しつけられる月との格差を生み、独立戦争の火種となりつつあった。主人公のジャックは、ある日、地球からの解放を企てる月の反乱軍によって家族を奪われ、復讐を胸に地球軍の調査兵として仲間と共に月へ向かうことを決意する。

 肥塚監督は「ついにこの日が来ました。これまで多くの方々と練り上げ、準備してきたこの『ムーンライズ』というタイトルを皆さんにお伝えする時を迎え、武者震いが止まらないです」と並ならぬ思いを告白。「この作品で最高のクリエイター達と出会い、最高の作品を作れると確信しています。月を舞台に織りなすSFアクションエンターテインメントアニメ! お楽しみにお待ちください!」と語っている。(編集部・入倉功一)

Netflixシリーズ「ムーンライズ」は全世界独占配信予定

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT