ADVERTISEMENT

愛したはずの夫が別人だった…妻夫木聡主演『ある男』本予告が公開

映画『ある男』本ポスタービジュアル
映画『ある男』本ポスタービジュアル - (C) 2022「ある男」製作委員会

 平野啓一郎の同名小説を妻夫木聡主演で映画化する『ある男』(11月18日公開)より、本予告篇映像が公開された。

映画『ある男』本予告映像【動画】

 本作は、死後に別人と判明した男の身元調査を依頼された弁護士が、他人として生きた男の真実を追う姿を描く物語。主人公の弁護士の城戸章良を妻夫木が演じるほか、安藤サクラ窪田正孝清野菜名眞島秀和小籔千豊仲野太賀真木よう子柄本明などが出演。監督を映画『愚行録』『蜜蜂と遠雷』などの石川慶が務める。

 今回、本予告篇映像が公開。「3年と9か月、愛したはずの夫は全くの別人でした」というナレーションから始まり、ミステリーを感じさせる入口となっている。弁護士の城戸(妻夫木)は、かつての依頼者・里枝(安藤)から、亡くなった夫・大祐(窪田)の身元調査の依頼を受け、大祐を“X”とし、真相を探っていく。彼はなぜ他人になりすましていたのか、謎が深まるなか、 里枝の「私はいったい、誰の人生と一緒に生きてたんでしょうね」というセリフから一変、里枝と息子・悠人は大祐=“X”への思いがあふれ出す。心揺さぶる展開に期待を高める仕上がりとなっている。(編集部・大内啓輔)

ADVERTISEMENT
映画『ある男』本予告篇 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT