ADVERTISEMENT

“女優になりたい”阿部サダヲ、満島ひかりと美容トークで盛り上がる

阿部サダヲと満島ひかり
阿部サダヲと満島ひかり

 俳優の阿部サダヲが1日、千代田区内幸町のイイノホールで行われた映画『アイ・アム まきもと』の完成披露試写会に来場。共演した満島ひかりから「美容に興味があるお年頃」と暴露され、「女優になりたい」という密かな願望を語り、会場を沸かせる一幕があった。この日は阿部と満島とともに宇崎竜童松下洸平坪倉由幸水田伸生監督も来場した。

阿部サダヲ、満島ひかり、宇崎竜童、松下洸平、坪倉由幸が登壇!【写真】

 『舞妓 Haaaan!!!』の阿部と水田監督が再びタッグを組んだ本作は、ウベルト・パゾリーニ監督による『おみおくりの作法』をベースに、本作オリジナルの新たな主人公像を造形した人間ドラマ。人知れず亡くなった人を埋葬する「おみおくり係」として役所で働く男が、ある老人のおみおくりに身寄りや知人を集めようと奔走するさまを描き出す。

ADVERTISEMENT

 キャストと監督がステージに登壇すると、会場からは大きな拍手が。その様子に阿部は「拍手の音がすごく大きく感じます。やっと関係者の方ではなく、一般のお客さまに観ていただくということで、感想が気になります」とあいさつ。阿部と何度もタッグを組んでいる水田監督は「初めて観ていただくということで、緊張しますね。でも横を見ると信頼する俳優の皆さんがいらっしゃって。あらためて良いキャストがそろったなと自負しております」としみじみ付け加えた。

 まったく空気が読めず、自分のルールでかたくなに突き進む主人公の牧本を演じるにあたり、「こんな真っすぐな人を演じたことはないですね」と語る阿部は、「自分にとって新しいキャラクターをやらせてもらえてうれしかったですし、まだ配役が決まっていない状態で坪倉さんが台本を読んだそうなんですが、その時に(台本の主人公のイメージとして)阿部さんの声が聞こえてきたとおっしゃっていただいて。それをさっき聞いて、うそだろうと思いましたけどうれしいです」とコメント。さらに「それでやることになって光栄です。新しいことに出会わせていただいてありがとうございます」としみじみ付け加えた。

 一方の満島は、阿部との共演を「大好きな俳優さんなのでうれしくて」と笑顔。さらに「水田さんの作品はドラマで3~4本やったことがあるんですが、映画は初めてだったので、楽しみでした。水田組は役者にとっては本当に居心地が良くて。のびのびさせていただいて、いつもありがたいなと思っています」と続けると、「阿部さんも大好きなのに、後ろを振り向けば國村(隼)さん、宮沢(りえ)さん、松尾(スズキ)さんがいる。ぜいたくなキャスティングだなと思いながら参加していました」と振り返った。

ADVERTISEMENT

 さらに、この日のトークでは、阿部が「美容に興味があるお年頃」であり、待ち時間などに入浴剤のエプソムソルトの会話などで花を咲かせていたことを満島が暴露する一幕も。松下は「さっきも大量の美容グッズをもらっていて。どうなりたいんですか?」と続ける。それらの言葉に阿部は「女優になりたいんですよ。女優っていいじゃないですか」と返答。満島も「女子会みたいで楽しいです」と笑いながら付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『アイ・アム まきもと』は9月30日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT