ADVERTISEMENT

稲垣吾郎&新垣結衣が共演!朝井リョウの衝撃作「正欲」映画化、来年公開

映画『正欲』は2023年公開予定
映画『正欲』は2023年公開予定

 朝井リョウの小説「正欲」が映画化されることが発表され、稲垣吾郎新垣結衣が共演することが明らかになった。

浴衣姿が最高な新垣結衣【写真】

 映画『桐島、部活やめるってよ』『何者』『チア男子!!』などの原作でも知られる朝井が手掛けた「正欲」は2021年3月に発売され、第34回柴田錬三郎賞を受賞した話題作。家庭環境や性的指向、容姿など、さまざまに異なった背景を持つ人たちを同じ地平で描写しながら、人が生きていくための推進力になるのは何なのかというテーマを炙り出していく物語が、ラブストーリーとして映画化される。監督を『あゝ、荒野』『前科者』などの岸善幸、脚本を港岳彦が担当する。

ADVERTISEMENT

 稲垣が演じるのは、横浜検察庁に務める検察官で、マイホームで妻と子を養う寺井啓喜。新垣は、広島のショッピングモールで契約社員として働く桐生夏月ふんし、特殊性癖を持つことを隠して生きる夏月という難役に挑む。小学校不登校の息子が世間から断絶されてしまう可能性を恐れる寺井と、自ら世間との断絶を望む夏月を演じる二人の共演に期待が高まる。

 映画は現在撮影中で、10月下旬にクランクアップ を予定しているという。劇場公開は来年の予定となっている。(編集部・大内啓輔)

コメント全文

・稲垣吾郎
脚本を読み終えた時、この作品に関われる事を嬉しく思いました。難しい題材にチャレンジする、監督、スタッフの皆様と共に丁寧に演じていきたいと思います。

・新垣結衣
原作を読んで、何かを問われたような気持ちになりました。それは、「何が正しいか」とかそういう単純なものではないような、でも実はとてもシンプルなことのような気もしました。考え続ける事、想像し続ける事をいつも以上に大切にしながら、制作に臨めたらと思っています。岸監督とは初めてご一緒しますが、初顔合わせから親身に役についての相談などを聞いてくださり、とても心強く、感謝しています。撮影では、自分なりに、夏月達が生きる世界を必死に生きたいと思います。

ADVERTISEMENT

・岸善幸(監督)
原作の衝撃と感動がずっと消えません。朝井さんの“視点”が生み出した登場人物たち、その感情をどう表現するべきか、模索が続いています。稲垣吾郎さん、新垣結衣さんをはじめとするキャストの皆さんとの対話を重ねて、少しずつ輪郭が浮かび上がってきたところです。人と人のつながりを描こうと思います。大切なのに、難しい、つながり。世界から「普通ではない」と片づけられてしまう人たちの、歪みのないつながりを描こうと思います。

・朝井リョウ(原作)
言葉にするとは線を引くということです。明確に名付けがたい感情や現象に無理やり輪郭を与えてしまうのが、言葉です。
映画には、表情、声色、沈黙など、言葉以外のものが沢山映ります。それらが、私が書きながら取りこぼしていったものたちを一つでも多く拾い上げてくれることを願っています。
そして、この物語の核が、いい映画を創るという意思以外の部分で歪められることのないよう、緊張感とともに祈っています。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT