ADVERTISEMENT

西島秀俊はニュートラルな俳優の代表格 三浦友和が絶賛

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『グッバイ・クルエル・ワールド』に出演した大森南朋、西島秀俊、三浦友和
『グッバイ・クルエル・ワールド』に出演した大森南朋、西島秀俊、三浦友和

 俳優の西島秀俊三浦友和が10日、都内で行われた映画『グッバイ・クルエル・ワールド』の公開記念舞台あいさつに登壇。三浦は西島の演技や現場での立ち振る舞いを絶賛した。この日は、共演の大森南朋宮沢氷魚玉城ティナ奥野瑛太大森立嗣監督も来場した。

【フォトギャラリー】『グッバイ・クルエル・ワールド』公開記念舞台あいさつ

 本作は、互いに素性を明かさずに集まった強盗たちが、ヤクザ組織の資金洗浄現場で大金を強奪したものの、ヤクザから追い込みをかけられ大騒動を繰り広げるオリジナルクライム・エンターテインメント。

ADVERTISEMENT

 元暴力団・安西を演じた西島は「最近ない、バイオレンスな映画なので、みなさんにどういう風に受け止められるのか緊張しています」と告白。また、「最初のシーンを撮ってからまったく共演せず、最後のシーンでみんなが集まって来る感じだったので、どういう映画なのかは出来上がったのを観て初めて知った感じです。それぞれ想像と違う演技を思い切りやられていたので驚いた覚えがあります」と本作について語った。

 そんな西島について、元政治家秘書・浜田役の三浦は「ニュートラルな俳優さんの代表選手みたいな方で、何やっても受けてくださる感じ。ニュートラルなんだけど突然トップギアに入ったり、出方によってはバックに入れたり、そういうことを自由にできる」と絶賛。さらに、「現場でこんなに落ち着く俳優さんはいないんですよ。みんな緊張してトゲトゲするんだけど、そういうのがまったくないのが信じられない」と驚くが、西島は「緊張してますよ。友和さんと共演するときは」と恐縮していた。

 安西の元舎弟・飯島役の奥野は「僕が何をやっても、全部を懐深く受け止めてくれるので、あーうれしいなと思って楽しくやらせていただきました」と西島との共演シーンを振り返る。一方の西島は「奥野さんは現場にいる間、役に入り込んでいるタイプの俳優さん」と明かし、「僕もそうありたいと思ってやって来たけど、最近はそういうものを置いて現場にいることが多くなっていて、あらためて、自分が求めていた俳優像はこうだったと見させていただきました。本当に素晴らしかった」と感心。西島からの賛辞に、奥野は「ありがとうございます!」と大喜びだった。(錦怜那)

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT