ADVERTISEMENT

鈴木福、人生初のディズニー映画は『カーズ』 新作で声優参加「感動でした」

ディズニー声優の仲間入りを果たした鈴木福
ディズニー声優の仲間入りを果たした鈴木福

 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』(11月23日公開)の日本版声優を務めた鈴木福が18日、都内で行われた公開記念スペシャルイベントに原田泰造ネプチューン)と登壇し、念願のディズニー声優に感慨深げな表情を浮かべた。

【画像】タートルネックが似合う鈴木福

 『ベイマックス』のドン・ホール監督が手がけたディズニー・アニメーション・スタジオ最新作は、かけがえのない家族の絆を描いたアクション・アドベンチャー。冒険嫌いな主人公・サーチャー役を原田、好奇心旺盛なサーチャーの息子・イーサン役を鈴木が担当した。

ADVERTISEMENT

 鈴木は「人生で初めて観た映画が『カーズ』で、ちっちゃなときから大好きだし、『ダンボ』とか『白雪姫』とかクラシックな作品も観ていたディズニーの作品に声優としてなれるんだ! とびっくりだし、うれしかったです」とオファー当時を振り返る。映画のスタッフから「ディズニーファミリーですね」とまで言われたそうで、「感動でした」と目じりを下げると、家族も喜んでくれたことを打ち明け、「弟や妹が小さなときに、声優としてやれている姿を見せられるのはうれしい」と声を弾ませた。

 原田も「やった、やった、やった! と心から喜びがあふれました」と感激しきり。メンバーの堀内健から「おめでとう」と祝福されたときは、「『おめでとう』って言えるんだ」と驚いたことを明かし、会場の笑いを誘った。

 作品にちなんで「家族に隠している秘密は?」と尋ねられると、原田は「『貯めていたお金』。子どもがまだ小さかった頃、夫婦で貯めていたお金があったんですけど、それを奥さんに黙って使い込んじゃって……。ある日バレて、奥さんが泣きながら怒って、僕が土下座して謝っていたら、子どもがお馬さんだと思ってのぼって来た」と今では笑い話のエピソードを披露する。

ADVERTISEMENT

 「家族との絆を感じたことは?」という質問には、鈴木は「『日常』。普段から話を聞いてくれるし、いろいろサポートしてくれているので、これというエピソードは思いつかないけど、日常から絆がある家族だと自信を持って言えます」と堂々と返答した。

 一方、原田が「『サウナ』。僕が大好きで、何かある度に行っていたら、いつの間にか家族も大好きになってくれて、旅行に行くときもサウナがある場所を選んでくれるし、サウナ中心に動いてくれるので、絆かなと思います」と伝えると、鈴木は「絆の形は見えないので『日常』って書いたけど、(形ある)何かがあるのはいいなと思いました」と共感していた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT