ADVERTISEMENT

山下智久の肉体美!「今際の国のアリス」シーズン2の新キャラ場面カット公開

Netflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2は12月22日より独占配信
Netflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2は12月22日より独占配信 - (C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT

 山崎賢人土屋太鳳がダブル主演を務めるNetflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2(12月22日全世界独占配信)から、山下智久演じるキューマの肉体美を捉えたカットが公開された。(山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)

【画像】「今際の国のアリス」シーズン2の新キャラクターたち

 本作は、2020年12月にNetflixで配信されたサバイバルドラマ「今際の国のアリス」の続編。生きる意味を見失っていたアリス(山崎)やウサギ(土屋)たちが、元の世界に戻ることを希望として、命懸けの“げぇむ”に挑むさまを描く。“今際の国”の謎を追いかけるアリスとウサギは、謎を解き明かすカギと思われる場所で仲間と敵、そして“げぇむ”を操る黒幕と出会う。

ADVERTISEMENT

 公開されたのは、シーズン2より登場する個性豊かな新キャラクター6名の場面カット。シーズン2でアリスに大きな影響を与えるクラブのキング、キューマ(山下)の鍛え上げられた肉体美が目を引くほか、生き抜くことに貪欲で、義足と弓矢で戦いに挑むヘイヤ(恒松祐里)、“げぇむ”「どくぼう」の参加者であるバンダ(磯村勇斗)、マツシタ(井之脇海)、ヤバ(毎熊克哉)、コトコ(さとうほなみ)のそれぞれの姿を見ることができる。

 握手を求めるように右手を伸ばし、穏やかな表情を浮かべるキューマは、かつてはバンドのボーカルとして活動していた過去があり、そのカリスマ性は強烈で圧倒的だという。ゲームマスターを務める“げぇむ”「すうとり」では、キューマと強い絆で結ばれたバンド仲間とチームを組み、アリスたちの前に立ちはだかることになる。

 また、鋭いまなざしのヘイヤは、「かまゆで」という“げぇむ”で片足を失いながらも、強い精神力と忍耐力で生き残った高校生。シーズン1のキーパーソンの1人であったアグニ(青柳翔)と出会い、行動を共にすることになる。

 全員が疑心暗鬼になっていく“げえむ”「どくぼう」では、バンダは物静かでありながら、言葉巧みにマツシタを翻弄し、マツシタは脱落者が相次ぐ“げぇむ”に恐怖を募らせる。支配欲が強く自信家のヤバは、早々にコトコをうまくまるめこみ、自分の信者のように従えて“げぇむ”の様子を伺う。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT