ADVERTISEMENT

DCユニバース再編、ジェームズ・ガンが声明発表「一部は事実、一部はそうではない」

画像はDCヒーローが集結した映画『ジャスティス・リーグ』より
画像はDCヒーローが集結した映画『ジャスティス・リーグ』より - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 DCスタジオ共同会長兼CEOのジェームズ・ガンが現地時間8日、昨日報じられたDCユニバース(DCU)再編報道について、自身のTwitterを通して声明を発表した。

【画像】第3弾の製作中止が報じられたガル・ガドット主演『ワンダーウーマン』

 声明は、現地時間7日に The Hollywood Reporter が独占で報じたDCU大刷新の内容を受けて発表されたもの。同サイトの情報筋は、ガンとプロデューサーのピーター・サフランが目指すユニバース再建計画において、ザック・スナイダーが関わっていた時代のヒーローたちは終焉を迎えると伝えており、『ワンダーウーマン』第3弾の製作中止、『マン・オブ・スティール』『ブラックアダム』続編が不透明であること、アクアマン役のジェイソン・モモアが別キャラクターにリキャストの可能性などが報じられていた。

ADVERTISEMENT

 ガンは「昨日の The Hollywood Reporter の記事についてだが、一部は事実、一部は半分事実、一部はそうではない。また、一部の情報においては嘘か本当かまだ決めていない部分もある」と説明。現地時間11月1日からDCの新トップに就任したばかりで、「今後10年の計画を定めるのは時間がかかるし、まだ始まりにすぎない」と明かした。

 「私たちは、全てのステップにおいて全員を笑顔にすることはできない。でも、私たちがは皆さんが大切にしているDCキャラクターやストーリーのために全力を尽くすことを約束する」と断言したガンは、「DCUの未来に関するこれ以上の回答については、残念ですが少しお待ちいただきたい。私たち自身もたくさんの質問&回答を抱えている」とファンに呼びかけている。

 The Hollywood Reporter によると、ガンとサフランは近日中にワーナー・ブラザース・ディスカバリーCEOのデイビッド・ザスラフと面会を予定しており、DCUに関する大きなプレゼンテーションが行われるという。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT