ADVERTISEMENT

説得力ある!「silent」目黒蓮“想”の「顔がいいのは元々」に盛り上がり

目黒蓮“想”
目黒蓮“想” - (C) フジテレビ

 フジテレビ系のドラマ「silent」の第9話が8日に放送され、目黒蓮Snow Man)演じる想の「顔がいいのは元々だから」というセリフが、「説得力ある」「ごもっとも」「それは本当にそう」と反響を呼んでいる(以下、9話の内容に触れています)。

【画像】目黒蓮と有村架純の許されざる恋…公開中の映画『月の満ち欠け』場面カット

 オリジナル作品となる本作は、主人公の紬(川口春奈)が、かつて本気で愛した高校時代の恋人である想(目黒)と、8年の時を経て偶然の再会を果たすことから物語が展開。紬は、想が徐々に耳が聞こえにくくなる“若年発症型両側性感音難聴”を患い、聴力をほとんど失っていたという思いがけない現実を知る。

ADVERTISEMENT

 第9話では、想が実家に帰省し、病気をきっかけにわだかまりを抱えていた母親・律子(篠原涼子)と向き合うこととなった。その後、東京に戻った想は、紬のバイト先に行く。バイト終わりの紬は、想の変化に気づき「実家でなにかいいことあった?」と尋ね、「いい顔してるよ」と伝える。すると想が「顔がいいのは元々だからな」と冗談ぽく返すのだった。紬は「うわ! そういうところあるよね」と笑い、「佐倉君さ、高校生の時もたまに急にそういうこと言うよね」と2人が笑い合う一幕があった。

 想の「顔がいいのは元々」というセリフに、SNS上では「説得力ありすぎ」「それはそう」「いいぞもっと言え」「最高の当て書き」と盛り上がりを見せている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT