東京国際映画祭チケット人気予想&必見作品ガイド

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 

 



間もなく21世紀を迎えるにあたり、本部門では「ドキュメント20世紀」 と銘打ち、今世紀を振り返るための劇場用ドキュメント映画を上映。 公開当時、日本のSF界にも影響を与えたとされる「宇宙からの帰還」など は若い世代にもお薦めしたいところ。

 

●シネマクラシックス

 

 

 

 

日時(開場時間)

10月28日 18時00分

10月29日 
18時00分

10月30日 
13時40分

10月31日 
18時00分

上映会場

Bunkamuraシアターコクーン

Bunkamuraシアターコクーン

Bunkamuraシアターコクーン

Bunkamuraシアターコクーン

再上映日時&会場

 

 

 

 

タイトル

東京オリンピック

札幌オリンピック 海外版

宇宙からの帰還 他1本

ひばりのすべて/燃える男長島茂雄 栄光の背番号3

スタッフ・キャスト

総指揮/市川 崑

ナレーション/三國一朗

総指揮/篠田正浩

音楽/ 佐藤勝

監/ 中島紘一

テオドール・トーマス

原作/立花隆

監/井上梅次  河辺和夫    

ナレーション/小林大輔  北村和夫

注目度

 

 

 

 

FLiX本誌松下編集長のおすすめ!         
FLiXライター
今のおすすめ!
       

 

近年、洋画に劣らぬヒットも増えてきた邦画だが、ここではその隆盛の 端を担った4人の人気監督による新作を上映。

●ニッポンシネマナウ

 

 

 

 

日時(開場時間)

10月28日 
14時10分

10月30日 
11時00分

10月31日 
13時40分

11月 3日 
11時40分

上映会場

Bunkamuraシアターコクーン

渋谷ジョイシネマ

Bunkamuraシアターコクーン

Bunkamuraシアターコクーン

再上映日時&会場

11/1(15:30)ジョイシネマ

11/3(19:10)シアターコクーン

11/2(19:10)ジョイシネマ

 

タイトル

弱虫(チンピラ)

天国から来た男たち

アカシアの道

ターン

スタッフ・キャスト

監/望月六郎

出/北村一輝

田口トモロヲ

星 遥子

監/三池崇史

出/吉川晃司

大塚寧々

山崎 努

 

監/松岡錠司

出/夏川結衣

渡辺美佐子

杉本哲太

監/平山秀幸

出/牧瀬里穂

中村勘太郎

倍賞美津子

 

注目度

  

★★

FLiX本誌松下編集長の
おすすめ!

  

  

  

  

FLiXライター
今の
おすすめ!
     

 

 

●シンポジウム

 

日時(開場時間)

11月 3日 
14時40分

上映会場

Bunkamuraシアターコクーン

再上映日時&会場

 

タイトル

国際映像シンポジウム          「デジタル・ヌーベルバーグ、発進!

~デジタルが映画を変えるか? 映画がデジタルを変えるか?」

スタッフ・キャスト

出演/押井 守 他

注目度

★★  

FLiX本誌松下編集長の
おすすめ!

 

FLiXライター
今のおすすめ!
 

 


東京国際映画祭に一言

 以前はなかなか大物スターを日本に呼べなかった「東京国際映画祭」だった が、ここ数年は話題のスターの来日が実現している。世界で行われている映画祭 もイベント化しているわけだし、盛り上がりを考えれば、どんどんとハリウッ ド・スターに登場してもらいたい。
 たくさんの人に「映画」を見てもらいたいというのが、僕が映画雑誌を作って いる理由だから、「東京国際映画祭」がスターの来日で話題になり、映画ファン が会場につめかけるのは結構なことだと思う。

 

 

好きな映画の傾向

 もともと映画を見始めたのが、スピルバーグやルーカスが登場し始めた頃だっ たので、好きな作品はハリウッド製の良質エンターテインメント作品です。「良 質」の基準を決めるのはむずかしいですが、自分には体験できない世界を見せて くれる作品に出会いたいです。最近では、そんなハリウッド作品も減ってきたの が、残念ですね。

 

 


-FLiXライター今さんの一言-

東京国際映画祭に一言

 個人的にオススメなのは『キャラバン』。過酷な自然の中で生きる人々の姿は、連綿と営まれてきた人間の歴史の一端を垣間見るようで、静かな深い感動を覚えました。映画祭はスターの来日も楽しみですが、シネマプリズムやニッポン・シネマ・クラシックなど、劇場では観るチャンスの少ない作品を観ることができるのが毎年楽しみです。

 

 

好きな映画の傾向

 ご贔屓は監督の作家性が色濃いミニシアター系ヨーロッパ映画&日本映画。有無を言わせぬ 圧倒的な個性がスクリーン上に展開されるのを観ると嬉しくなります。ハリウッド映画ももちろん大好き。特に70年代アクションは最高! イーストウッド、ハックマンのようなアクの強い俳優に惹かれます。

 

 


-特 報-

FLiXでは「東京国際映画祭」コンペティション作品『非・バランス』の主演女優、派谷恵美さんをオーディションの時から追い続けています。彼女の撮影日記や写 真など盛り沢山の連載が近々始まります。お楽しみに!

 

※東京ファンタスティック映画祭の見どころは次回特集!

 

 

 

 

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]