ADVERTISEMENT

夏の大作に飽きたら、ミニシアターへ行こう!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 



映画ライター 前田かおり


 昼はてんで使いものにならない銀行員が、夜はプロレスラーになる。それも覆面かぶった反則レスラーとして、リングで大暴れ……。こんな漫画チックな話に、ソン・ガンホが主演するぅ? 『JSA』で、韓国の兵士に“兄貴”と呼ばれるほど慕われた北朝鮮の兵士を熱く演じた彼に、思わず握りこぶし状態で「イイ男だぁ~!」と感じ入った私。それだけに、出て来るなり、あの体育会系シリアス顔がすんごくフツーしてるのに驚いた。しかも、サラサラのナチュラルヘアー。な、なんかイメージが……。

 ガンホ扮するのは、遅刻常習犯で営業成績がビリっけつのサラリーマン。職場ではインケンな上司からヘッドロックをかけられ、町では弱いクセに不良どもに意見して逆にボコボコにされる。おまけに、好きな同僚の女子社員に声をかけることもできず、夢の中でエルビス・プレスリー姿で彼女のために、愛の歌を絶唱。とことんトホホで爆笑しちゃうが、すっとぼけた味を全開にして、そこらにいそうなダメ男を演じるガンホには親近感わくゾ。

 そんな彼が天敵上司のヘッドロックを交わし、強い男になって、憧れの彼女を射止めたい一心でプロレス・ジムでせっせとトレーニング。反則レスラーとして、リングで喝采を浴びた彼が自信に満ちた顔になり、イキイキしてくるあたり、映画だとわかっていても何だかうれしくなる。かと思えば、いくらリングで活躍しても、職場では相変わらず上司に疎んじられ、酒の席で大失態をした後の自己嫌悪ぶりからはサラリーマン社会の悲哀がにじむ。笑いを取りつつも、きっちりホロリとさせるガンホ。さすが韓国映画界で演技派と評される俳優。クライマックスの格闘シーンでも、役者魂をぶつけてくる。

 殴られ、蹴られ、ボロボロにされるうち、八百長試合のお約束も忘れて大乱闘。ブチ切れたガンホの顔にあふれんばかりの男の意地がみなぎる。やっぱ、彼にはこの男臭さがなくっちゃ! イケーッ! 男道を突っ走れぇ~!

 

『反則王 』
チェック: 韓国で2000年2月に公開され、公開1週目で観客動員数1位を記録。その後も人気は衰えず、同年の大ヒット作『JSA』に次ぐ年間2位の大ヒットとなったプロレス・エンターテインメント・コメディ。主演は『シュリ』『JSA』のソン・ガンホ。『JSA』で演じた気骨で誠実な北朝鮮の軍人とはひと味違う、コミカルな演技で魅了する。監督はガンホも出演した『クワイエット・ファミリー』のキム・ジウン。臨場感あふれるプロレスシーンは必見!


ストーリー:イム・デホ(ソン・ガンホ)は遅刻常習者で、営業成績もビリの銀行員。会社では上司にプロレス技のヘッド・ロックをかけられ、屈辱感を味わされていた。イムは、偶然目についたプロレス館への入門を決意する。

英題: THE FOUL KING 製作年: 2000年 製作国: 韓国 日本公開: 8月11日 (シネ・ラ・セット) 上映時間: 1時間52分 配給: ギャガ・コミュニケーションズ カラー/ビスタサイズ?

■スタッフ■ 監督・脚本: キム・ジウン 撮影: ホン・ギョンピョ 美術: ファン・インジュン 照明: チョン・ヨンミン
■キャスト■ ソン・ガンホ チャン・ジニョン パク・サンミョン チャン・ハンソン イ・ウォンジョン チョウ・ウンイン 他

 


 

 

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT