あの人は今?「LOST」「プリブレ」「The OC」2000年代に流行った海ドラ編

今週のクローズアップ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
2000年代に流行った海ドラ

 2000年代は、DVDの普及と共に日本でも空前の海外ドラマブームが巻き起こりました。今でこそNetflixやHuluなどネット配信が普及して、何を観るか選択肢は無数にありますが、このころはみんな足しげくレンタル店に通っていて、観ている海外ドラマといえば、だいたい決まっていましたよね。今週のクローズアップでは「LOST」「プリズン・ブレイク」「The OC」など、そんな2000年代(の主に中ごろ)に流行った海外ドラマのスターたちの今に迫ります。(編集部・中山雄一朗)

「LOST」ジャック役 マシュー・フォックス

マシュー・フォックス
Carlos Alvarez / Getty Images

 マシューといえば「LOST」終了後、戦後の日本を舞台にした『終戦のエンペラー』(2012)で、缶コーヒー「BOSS」のCMでもおなじみのトミー・リー・ジョーンズや、日本の西田敏行、桃井かおりらと共演。劇中では日本語のセリフも披露していました。

【写真】3年半前に来日したマシュー

 その後はブラピ主演のゾンビ映画『ワールド・ウォー Z』(2013)にチョイ役(=序盤でゾンビに襲われた主人公一家を救助する役)で出演していたほか、『トマホーク ガンマンvs食人族』(2015・日本劇場未公開)で全身白塗りの食人族と戦ったり、『ハーモニー・オブ・ザ・デッド』(2015・日本劇場未公開)でまたまたゾンビと戦ったり。同作は「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のマイケルこと、ジェフリー・ドノヴァンと共演しているのも海外ドラマファンにはうれしいところ。

[PR]

「プリズン・ブレイク」マイケル役 ウェントワース・ミラー

ウェントワース・ミラー
D Dipasupil / Getty Images for Extra

 『バイオハザード IV アフターライフ』(2010)でアクションを披露したかと思えば、ニコール・キッドマンらが出演した『イノセント・ガーデン』(2013)で脚本家デビューを飾るなど、多才なウェントワース。DCコミックスのヒーローを主人公にしたドラマ「THE FLASH/フラッシュ」と、そのスピンオフ「レジェンド・オブ・トゥモロー」では、「プリズン・ブレイク」で兄を演じたドミニク・パーセルと共演。私生活では2013年にゲイであることをカミングアウトしたことも話題になりました。

 そして、何といっても、今春には「プリズン・ブレイク」約8年ぶりの新作となるシーズン5がスタート予定で、衝撃の最期を迎えたはずのマイケルをはじめ、おなじみの面々が戻ってくるとのこと。これはかなり楽しみです!

【関連記事】「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラー ゲイであることをカミングアウト

【関連記事】「プリズン・ブレイク」新作の映像が公開!マイケルは生きていた!

「The OC」マリッサ役 ミーシャ・バートン

ミーシャ・バートン
George Pimentel / WireImage / Getty Images

 キャリアは子役からスタートし、『シックス・センス』『ノッティングヒルの恋人』などにも出演していたミーシャ。一時は激やせ・激太りや飲酒運転などでゴシップ誌を騒がせることが多かったですが、最近も『デザート・ストーム』(2016・日本劇場未公開)、『アメリカン・テラスハウス』(2015・日本劇場未公開)で主演を務めるなど、女優としてコンスタントに活動。

【写真】『シックス・センス』ミーシャの出演シーン

 『デザート・ストーム』は砂漠のど真ん中で遭難したグループを描くサバイバルスリラーで、『アメリカン・テラスハウス』(タイトルからして怪しすぎる!)は見ず知らずの男女6人が一つ屋根の下で織り成すエロティック・ラブコメディー。ミーシャはシェアハウスで暮らす若者の一人なのかと思いきや、そのシェアハウスの美人管理人という役どころで、もうそういう年(現在30歳)なのかと時の流れを感じます。

「デスパレートな妻たち」スーザン役 テリー・ハッチャー

テリー・ハッチャー
Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 テリーはディズニー映画『プレーンズ』(2013)で主人公ダスティの仲間ドッティの声を担当したほか、2014年にドラマ「ねじれた疑惑」で監督デビューを飾りました。最近では「フレンズ」のチャンドラーことマシュー・ペリーが主演を務めるコメディードラマ「ザ・オッド・カップル(原題) / The Odd Couple」にゲスト出演しており、二人の共演を日本でも早く観てみたいところ。もちろんテリーの吹き替えは「デス妻」と同じく萬田久子さんで。あのイメージがいまだに離れません。

【関連記事】テリー・ハッチャー、「デスパレートな妻たち」の映画化があれば喜んで検討

≫次のページ「アグリー・ベティ」「HEROES」「SUPERNATURAL」「グレイズ・アナトミー」キャストは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]