今、一番面白いドラマ発見!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
グッド・ファイト

 海外ドラマは2、3話まで我慢して4、5話目ぐらいからやっとノッてくるということが多いのですが、1話目からのめり込んでしまうシリーズを発見しました。しかもエピソード数を重ねるごとに中毒性は一層高まっていくという、海ドラファンにはたまらないやつです! 法律事務所を舞台に「やられたらやり返す!」を地でいく痛快さにアドレナリンが出まくり、イッキ見必至な「グッド・ファイト 華麗なる逆転」をご紹介します。(編集部・市川遥)

超セレブから大転落!たくましいヒロインたちの逆転劇

グッド・ファイト

 メインキャラクターの一人は、有名法律事務所のトップとして長年第一線で活躍してきたカリスマ弁護士ダイアン。もう十分働いたと退職届を出し、購入予定の南フランスの別荘の写真をうれしそうに夜な夜なチェックしていたところ、投資ファンドの不正によって財産がゼロになったことが発覚。茫然自失となったダイアンの姿は涙なくして見られません。一夜にして家賃すら払えなくなってしまったダイアンは恥を忍んで復職を頼みに行きますが、まさかの一蹴。しかし、このままでは終わらないのがダイアン! 自らの才気と気高き独立心を武器に、「倍返しだ!」と大逆転劇が始まります。

グッド・ファイト

 もう一人のメインキャラクターは、新米弁護士のマイアです。マイアの父とダイアンは古くからの友人で、ダイアンをはじめ多くの人々が全財産を失う原因を作った投資ファンドを運営していたのも彼。親の不正にもかかわらずマイアは誹謗中傷の的になり、就職したばかりの法律事務所もあっさりクビに。実家に帰ったら帰ったで保身に走る父も母もとっても怪しく、油断したら身代わりにされてしまいそうなほどすさまじい緊迫感。事件前までは周囲もうらやむ仲良し家族だったのに、突如として始まる腹の探り合いが怖すぎる……! 前途洋々な未来が突如として消え失せ、人々の憎しみを一身に浴びることになったマイアも、ダイアンと共にどん底からはい上がることになります。

痛快!チームで勝利を勝ち取るリーガルドラマ

グッド・ファイト

 ボロボロになったダイアンとマイアに手を差し伸べたのが、知性派ぞろいの黒人弁護士事務所です。才色兼備で姉御肌なルッカ、お金も好きだけど弱者を守ろうという熱い思いも無くしていないエイドリアンなど、みんな優秀でみんないい人! 何かあったら「わたしクビですか……?」と口にするお嬢さんらしからぬ気弱なマイアも、彼らの愛のムチを受けてメキメキと頭角を現すことに。チームのメンバーそれぞれが機転を利かせて、目にも留まらぬ速さで戦略を立て、饒舌に法廷で依頼人の勝利を勝ち取っていくさまはまさに痛快!

旬な話題が続々!メディアの自主規制~ヘイトスピーチまで

グッド・ファイト

 シリーズを通して展開するマイアの父の投資詐欺をめぐるサスペンスと、切れ味鋭い頭脳のコラボで依頼人を勝利に導くチームドラマというだけでもハマる要素はバッチリなのに、本作では1話ごとに扱うネタもタイムリー。政府の圧力によってお蔵入りとなったドラマをインターネットで公開した脚本家vsテレビ局だったり、ネット掲示板でヘイトスピーチをする人々をどう取り締まるかだったり、現実世界の問題に大胆に切り込んだネタの数々に「ここまでやっちゃうの!」と驚きながらも好奇心は刺激されまくりです。

 また、本作は大人気ドラマ「グッド・ワイフ 彼女の評決」の最終話から1年後を舞台に、巨匠リドリー・スコットが引き続き製作総指揮を務めて作り上げたスピンオフ作品でもあります。「グッド・ワイフ」未見でも何の問題もなくのめり込めますが、ちょっとしたリンクが隠されていたり、おなじみのキャラクターが顔を見せたりするので、あらためて両シリーズを鑑賞するのも一興です。

グッド・ファイト

「グッド・ファイト 華麗なる逆転」シーズン1 DVD-BOXは1月9日発売 レンタルも同日スタート
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント 公式サイト
(c) 2019 CBS Studios Inc. All Rights Reserved. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved. THE GOOD FIGHT and all related marks and logos are marks of CBS Studios Inc. All Rights Reserved.

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]