間違いなしの神配信映画『アナイアレイション -全滅領域-』Netflix

神配信映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

注目の監督編 連載第1回(全6回)

 ここ最近ネット配信映画に名作が増えてきた。NetflixやAmazonなどのオリジナルを含め、劇場未公開映画でネット視聴できるハズレなしの鉄板映画を紹介する。今回は全6作品、毎日1作品のレビューをお送りする。

深遠な哲学とエモーショナルな人の心が絡む異色のSFサバイバルドラマ

『アナイアレイション -全滅領域-』
『アナイアレイション -全滅領域-』より

『アナイアレイション -全滅領域-』

上映時間:115分

監督:アレックス・ガーランド

キャスト:ナタリー・ポートマンジェニファー・ジェイソン・リージーナ・ロドリゲス

 外界から隔離された室内で、1人の女性が防護服に身を包んだ男から尋問を受けている。一体彼女はそれまでどこにいて、何をしていたのか? 謎めいたスタートを切る『アナイアレイション -全滅領域-』は、28日後...』(2002)や『わたしを離さないで』(2010)などの脚色を手がけたアレックス・ガーランドの『エクス・マキナ』(2015)に続く監督第2作ジェフ・ヴァンダミアの「全滅領域」を大胆に脚色したSF心理ドラマだ。

[PR]

『アナイアレイション -全滅領域-』
『アナイアレイション -全滅領域-』より

 ナタリー・ポートマン主演で、もともとパラマウント映画として作られた本作は、難解すぎるとして内容変更の要求があったもののガーランドとスコット・ルーディン(製作)は拒絶、Netflixが買い取り、パラマウントが配給権を持つ北米と中国以外の全世界配信作となった。原作は3部作だが、脚本執筆時に出版されていたのは第1作のみだったため、2作目以降に明かされた内容との齟齬(そご)もあるが、それも含めて、ガーランド版「全滅領域」というべき作品だ。

 アナイアレイション(Annihilation)とは全滅の意味。フロリダ州沿岸で広がる生態系の突然変異現象を指している。ヒロインのレナは軍隊経験のある生物学者。1年前に極秘任務に就いて以来生死も不明だった軍人の夫ケイン(オスカー・アイザック)が突然戻ってくるが、記憶も曖昧で以前とは別人のような彼は体調不良を訴えた挙句、危篤状態になる。彼が運び込まれた施設でレナは窓外に不思議な光景を目にする。シマー(光)と名づけられた光り輝く地帯が生き物のようにうごめき、広がり続けているのだ。その一帯で3年前から始まった生態系の突然変異を調査する監視機構「サザン・リーチ」の本部にレナたちは連れてこられていた。ケインの部隊はシマーの中に派遣され、彼だけが生還したという。そして今度は学者を中心とした女性だけの調査隊が送られることになり、レナは志願してそこに加わる。

『アナイアレイション -全滅領域-』
『アナイアレイション -全滅領域-』より

 心理学者、地形学者、物理学者、そして救急隊員。それぞれ訳ありの女性たちの背景にもふれ、群像劇的な側面も見せながら、一度シマーの中へ踏み込むと、物語はSFサバイバルとして弾み出す。そこはあらゆる動植物が変異している世界だ。手つかずの自然の中に不自然に色鮮やかな花々が咲き乱れる光景に、黒澤明の色彩感覚を思い出す。リアリズムよりも絵画的な美を追求する映像が、人智を超えた荒唐無稽さに説得力を持たせる。先に進めば進むほど変異したものの形状はますますカラフルに抽象アートの様な美しさを帯びてくる。

『アナイアレイション -全滅領域-』
『アナイアレイション -全滅領域-』より

 リーダーである心理学者のヴェントレス(ジェニファー・ジェイソン・リー)の思惑、志願した理由を聞かれて「夫に借りがあるから」と答えたレナの真意は何か? 深遠な哲学とエモーショナルな人の心が絡む異色のサバイバル劇は次第に混沌を深めていく。

『アナイアレイション -全滅領域-』
『アナイアレイション -全滅領域-』より

 ラスト20分間はトリップしているような感覚。それまで以上にシュールな展開だ。「あなたは○○なの?」と問われても、イエスともノーとも答えられない。自分は誰なのか、何なのか? 何を根拠にそう思うのか? 姿形に意味があるのか? あらゆる問いが脳裡を駆けめぐり、心をざわつかせる。観客の知性と成熟度を信じ、安易に妥協しない。こんな冒険が可能になるのも配信という公開形態が成立しているからなのだろう。(冨永由紀)

Netflixオリジナル映画『アナイアレイション -全滅領域-』独占配信中

#間違いなしの神配信映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]