名作ミュージカルが毎週末、無料配信!第2回は「ジーザス・クライスト・スーパースター」

 「キャッツ」「オペラ座の怪人」「エビータ」などの作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーが米ユニバーサルの協力の下、新型コロナウイルス感染拡大を受けて外出自粛中のミュージカルファンに向けてYouTubeチャンネル「The Shows Must Go On!」を開設した。同チャンネルでは毎週土曜午前3時(日本時間)から48時間限定で、ロイド・ウェバーの名作をフル配信している。

 第2回として11日(土)午前3時から配信されるのは、映画化もされた不朽の名作「ジーザス・クライスト・スーパースター」。同作はイエス・キリストの最後の7日間を描いたロックオペラで、作詞はロイド・ウェバーとのタッグで知られるほか、『アラジン』などディズニー作品も手掛けてきたティム・ライスだ。今回配信されるのは、2012年に行われたアリーナ・ツアー版。キリスト役はベン・フォースター、ユダ役はティム・ミンチン、マリア役は元スパイス・ガールズメラニー・Cが務めている。

 第1回配信作品は「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」だった。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]