映画コナン『緋色の弾丸』で注目!赤井秀一の家族とは?

今週のクローズアップ

『名探偵コナン 緋色の弾丸』
映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』は近日公開

 アニメ「名探偵コナン」劇場版シリーズ24作目となる映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』(近日公開)で、キーパーソンを担うのが人気キャラクター・赤井秀一とその家族。原作における重要人物でありながら、いまだ謎多き一家について、映画の公開を前に振り返りたい。(編集部・小山美咲)

赤井家全員、重要人物!

 「名探偵コナン」は、高校生探偵・工藤新一(CV:山口勝平)が黒ずくめの組織によって子供の姿に変えられてしまい、江戸川コナン(CV:高山みなみ)として組織を追うとともに数々の難事件を解決していくストーリー。元の姿を取り戻すため、組織の闇に迫っていく物語の本筋に、赤井一家全員が関わっている。最新映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』には、安室透との激突が大きな話題を呼んだ『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』(2016)で活躍したことも記憶に新しい赤井秀一(CV:池田秀一)をはじめ、その弟・羽田秀吉(CV:森川智之)、妹・世良真純(CV:日高のり子)、母・メアリー(CV:田中敦子)が登場する。

[PR]

FBI捜査官・赤井秀一

『名探偵コナン 緋色の弾丸』
赤井秀一 - 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』より

 赤井秀一は、アメリカの連邦捜査局(FBI)所属の捜査官。イギリス生まれだが、黒ずくめの組織が関与したとされる羽田浩司殺害事件に父の務武が関わり消息不明になり、その真相を探るため、アメリカ国籍を取得してFBI捜査官となった。過去には黒ずくめの組織で潜入捜査をしており、その実力は幹部であるジンを追い詰めたほど。また、対組織の作戦により殉職したことを装い、現在は大学院生・沖矢昴(CV:置鮎龍太郎)という仮の姿で潜伏中。工藤邸に居候している。組織を追うため日本に滞在しているFBIのメンバーたちと活動するなか、標的を同じくするコナンとは協力することも多い。

 赤井は、高い推理力に加えて他を圧倒する狙撃スキルを持ち、ジークンドーの使い手でもある。今作では『緋色の弾丸』というタイトルからも、数々の難所を潜り抜けてきた狙撃の名手としての腕前が披露されることが想像できる。予告映像には沖矢の姿のまま妹・真純と拳を交えるシーンも映されており、劇場版『コナン』の見どころの一つといえるアクションにも期待がふくらむ!

弟!プロ棋士の羽田秀吉

『名探偵コナン 緋色の弾丸』
羽田秀吉 - 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』より

 赤井の弟・羽田秀吉は、太閤名人とあだ名される人気のプロ棋士。高校卒業後に父の友人である羽田家の養子に入り、17年前に亡くなった天才棋士・羽田浩司は義兄にあたる。赤井とは兄弟専用のスマホを通じて情報を共有しており、彼の偽装死についても把握している。だが、赤井が沖矢に変装していることは知らずにいるという。コナンとはともに事件に遭遇したこともあるが、正体は知らない。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』
宮本由美 - 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』より

 注目されるのは、チュウ吉・由美タンと呼び合う恋人・宮本由美(CV:杉本ゆう)との関係。警視庁交通部交通課の警官である由美とは、一度は距離が生まれたものの復縁し、現在は結婚秒読み状態。秀吉は由美にメロメロで、彼女の身を心配するあまり、赤井にガードを頼んだことすらある。映画には由美も登場し、メインビジュアルにもその姿が描かれているとあり、“チュウ吉と由美タン”に何らかの展開があるのだろうか。同時に、秀吉の真骨頂である、ずば抜けた頭脳を生かすことになるのかも注目される。

[PR]

妹!女子高生探偵・世良真純

『名探偵コナン 緋色の弾丸』
世良真純 - 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』より

 赤井の妹・世良真純は、新一やヒロイン・毛利蘭(CV:山崎和佳奈)たちのクラスに転校してきた帰国子女の高校生。女子高生探偵として事件に立ち向かうこともある。“世良”は母親の旧姓。ボーイッシュで活発かつ快活な性格で、蘭やその親友の鈴木園子(CV:松井菜桜子)らとも仲が良く、コナンからは世良の姉ちゃんと呼ばれている。真純は10年前、海で幼い頃の新一と会ったことを覚えており、コナンの正体に確信を持っている様子。そのため、コナンには警戒されることも。

 沖矢とは顔を合わせているものの、彼が赤井であることやその生存は知らされていない。さらに秀吉がプロ棋士であることも知らないが、秀吉とは連絡を取り合っている。秀兄、吉兄と呼ぶ2人の兄を慕っており、特技のジークンドーは赤井にあこがれて習い始めたもの。バイクを乗りこなす姿もたびたび見せており、映画においてもコナンや母・メアリーを後ろに乗せて運転するシーンがある模様。2人の兄にも負けない活躍が見たいところ。

母!見た目は少女のメアリー

『名探偵コナン 緋色の弾丸』
メアリー - 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』より

 母は、少女の姿をしたメアリー。イギリスの秘密諜報機関・MI6に所属している。真純とロンドンに住んでいる時、黒ずくめの組織に毒薬を投与され少女の姿となってしまった。現在は日本で真純と2人でホテル暮らしをしており、真純に解毒薬の入手を指示している。抜群の推理力と格闘スキルを持つが、体調不良なのか咳こむ姿も見られる。実は黒の組織の科学者だった宮野エレーナは妹であり、つまり灰原哀(=宮野志保)は姪、赤井家の子供たちは灰原のいとこにあたると思われるが、この辺りの事情は明かされていないことが多い。

 真純と同様に、赤井が殉職したと思っており、沖矢として行動していることは知らない。赤井の方はメアリーが少女の姿になっていることは予想していると見られる。また、秀吉の棋士としての活躍はテレビのニュースなどで見て応援しているが、連絡は絶っている状況だ。なお、メアリーとコナンは互いの正体を見抜いている。徐々に情報が増えてきたメアリーについて、劇場版で新たな事実につながるヒントが明かされるかも注目されている。

[PR]

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』ではどうなる!?

 赤井一家について、知れば知るほどそのハイスペックぶりと、多くの謎が際立つ。世間への秘密もさることながら、お互いに対する隠し事が多く、コナンも含めてその関係は複雑に絡み合っている。彼らがそろってキーパーソンとして登場する映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』は、世界最大のスポーツ祭典ワールド・スポーツ・ゲームス(WSG)が開催される日本が舞台。その直前に拉致事件が発生し、15年前にアメリカのボストンで起きたWSG連続拉致事件との関連性が浮かび上がる。裏では、赤井をはじめとするFBIが事件を監視しているという。この物語にどのように秀吉、真純、メアリーが関わっていくのか。毎回期待を超える驚きを仕込み、ファンを楽しませる劇場版『コナン』。その最新作は近日公開だ。

(C) 2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]