「Glee」サンタナ役のナヤ・リヴェラさん死去、共演者たちから追悼の声

ナヤ・リヴェラ
Vittorio Zunino Celotto / Getty Images

 人気ドラマ「Glee」のサンタナ役で知られるナヤ・リヴェラさん(33)が現地時間13日、行方不明になっていたカリフォルニア州ベンチュラ郡のピルー湖にて遺体で発見された。ナヤさんの訃報を受け、ドラマの共演者たちはSNSで追悼の声を寄せている。(編集部・中山雄一朗)

ヘザー・モリス(ブリタニー役)

わたしたちは親友としてスタートし、それからよくあるようにぎくしゃくしたりもした。だけど、お互い支え合って、愛と理解をもって美しい友情を築いてきたよね。最後にあなたと直接会うチャンスがあったとき、わたしはうちの外にあなたに持って行ってもらうオレンジを置いておいた。窓越しにあいさつしたかったけど、あなたが電話してくれたとき、わたしの電話が鳴らなかったの(いつも鳴らないの、T-Mobileは最悪)。それであなたと(息子の)ジョージーはお返しとして、玄関に多肉植物を2つ置いておいてくれた。わたしはそれを育てて、毎日眺めながらあなたを思ってる。いまだにあなたのEPもリピートして聴いてる。聴いた瞬間、ビビッときて、いつももっと世界があなたの声を知ればいいのにと思う。あなたとジョージーは朝起きて、Snapchatで60個以上の動画を送ってくれたよね。保存しておけば良かった。いつもレシピも教えてくれて、あなたの食べ物に対する愛も感心してた。毎年イースターは一緒に過ごそうって誓ったよね。最後の機会はコロナに奪われてしまったけれど。あなたはわたしが知っている人の中で、最も強くて何でも跳ね返してしまうような人で、これからもそう。わたしは生きている限り、そのことを忘れないと誓う。

あなたはいつも悲しみ、美、冷静さ、強くあること、どうでもいいことを気にしないこと(それでありながら、敬意もあるような)について教えてくれた。中でもあなたから学んだ一番の教訓は、ずっと愛情を持った友達でいること。あなたは真っ先に連絡をしたり、質問したり、話を聞く相手だった。わたしたちの友情を大切にしてくれたこと、当たり前だと思ったことは一度もないよ。

お互い写真が嫌いだったから、まったく一緒に撮らなかったね……わたしたちの関係に証明はいらなかったし。子供たちが遊んでる写真なら数えきれないくらいある。わたしたちはそういう誇りや喜びをシェアしていたから。だからうちらの子供たちの写真を公開するね。だって何よりも大切なものだし、彼らはわたしとあなたを思い出させてくれるから。あなたは今もわたしと一緒だってわかってるから、毎日話しかけるよ。もっと一緒にいたいと思っちゃうけど、一緒に過ごした全ての時間を大切に、心に抱いていくよ。

[PR]

ディアナ・アグロン(クイン役)

ナヤとわたしはいとも簡単に打ち解け、番組で初めての友達であり、仲間だった。パイロット版でわたしたちのキャラクターはすぐにしっくり来た。わたしたちはこれからのこと全てに熱意であふれていた。わたしたちはわたしたちのやり方でやっていたから、ほかのキャストたちがどう感じているのかなとも考えた。わたしたちには夢があった。もしこの番組が成功したら? そうなったら、すごいよね? そこには確かな感触があった。そして、ありがたいことに番組は成功した。ナヤの人を引きつける才能が解き放たれた。わたしたちはまだ気づいてなかったけれど。

番組でのナヤのパフォーマンスを見返していると、大きな喜びを感じる。彼女と働けたことは宝物。彼女の仕事に対する考え、恐怖心のなさ、才能、どれも素晴らしいもので、吸収することがたくさんあった。彼女の笑い声は人を包み込んで、とりこにしてしまう。彼女は人を魅了させる。あの瞳の輝き、明るい笑顔。ナヤは誠実で、ユーモア、ウィットがあった。わたしはその全ての理由で彼女が大好きだった。

彼女の好奇心と旅好きなところも大好きだった。彼女の旅行パートナーとして、いくつかの最高の冒険を共にできてことは幸せだった。これを書きながら、パリへの36時間の小旅行(気晴らしともいえるかも)を思い出して、笑っている。ナヤといると何だって可能で、まるで魔法のようだった。

その小旅行でわたしたちはホテルにチェックインして、10分もしないうちに、エコール・デ・ボザール(パリの美術学校)にいて、紙コップでワインをちびちび飲みながら、学生たちに作品を見せてもらった。最高だった。わたしたちは探求心で団結していた。そして必要なとき、ナヤのポケットにはしっかりと収集したアイデアのリストがあった。

このとてつもなく大きな喪失を受け入れられない。これからも「Glee」ファミリーと共に、彼女と彼女との思い出を忘れない。どうか彼女や彼女の家族、彼女の美しい息子のことを思って。

この上なく大切な思い出を追悼して。

[PR]

マシュー・モリソン(シュー先生役)

ナヤはプライベートでも仕事でも、とても強い人だった。わたしたちの多くが自分の考えに迷っているときでも、ナヤははっきりと毅然としていた。彼女が話すと、みんなが彼女の言葉を受け入れた。彼女が歌えば、人は彼女の心の中に入り込んでしまう。「Glee」は彼女の人生においてほんの一部にすぎないけれど、わたしたちはみんな彼女と仕事できたことを感謝している。でも、ナヤが最も輝いていたのは、素晴らしい家族といるときだった。最近のわたしたちの共通点といえば、お互い親としての情熱だった。ナヤは母親として熱心で、(息子の)ジョージーに確固たる愛を持っていた。その力強い愛は、彼女の物語がここで終わりではないという証でもある。彼女のポジティブな影響力はこれからもつながっていき、美しい精神はたくさんの人たちの中で生き続けるだろう。わたしはこの大きな喪失感に打ちのめされている。今週は長くて、祈りと希望を持つばかりだった。少しは落ち着いたけれど、彼女や彼女の家族を思うと痛みは計り知れない。どうか安らかに。あなたの明るい光でわたしたちを照らし続けて。

クリス・コルファー(カート役)

一つの投稿で誰かに対する全ての愛とリスペクトを伝えることはできる? 10年の友情と笑いを言葉だけでまとめられる? ナヤ・リヴェラの友達なら、できない。彼女の輝きとユーモアには誰もかなわない。彼女の美しさと才能はずば抜けていた。彼女は力ある者にも冷静に恐れることなく、真実を語った。たった一言で嫌な一日を素晴らしい一日に変えてくれた。自然と人を元気づけ、明るくしてくれた。彼女と親しくできたことは名誉の印であり、鎧を着ているようなものだった。ナヤは本当に特別で、これからもずっとそう。彼女の素晴らしい家族と美しい息子に全ての愛を送ります。

[PR]

ケヴィン・マクヘイル(アーティ役)

僕のナヤ、僕のスニックス(ドラマに登場したサンタナの別人格)、僕のビー(愛称)。君のいない世界なんて想像できない。7年前の今日、彼女と僕はコーリー(2013年に亡くなったフィン役のコーリー・モンテースさん)のことを知らされたとき、ロンドンで一緒にいた。僕たちは随分、遠くにいたけれど、互いがいることがとてもありがたかった。1週間前の今日、僕たちはハワイに逃避行しようと話していたのに。こんなの納得できない。たぶん一生。

彼女はとても自立していて、強くて、彼女がここにいないなんて考えられない。彼女は僕が会った中で最も頭の回転が速くて、普通なら忘れてしまうような昔の会話も記憶しているような人だった。「Glee」でのクレイジーな長セリフも全てその日の朝に暗記して、撮影でもまったくNGを出さなかった。つまり、彼女は明らかに僕たちの誰よりも才能があった。僕が知る限り、最も才能のある人だ。彼女にできないことなんてなかった。もうそれも見られないなんて腹が立つ。

彼女が僕をより良い人間にしてくれたことに感謝している。彼女は自分を守る方法や、自分にとって大切なものや人のために声を上げる方法を教えてくれた。彼女が言ったことで大笑いして、腹筋を鍛えられたことも感謝している。家族のような存在でいてくれてありがとう。「Glee」に出演が決まったとき、僕よりも数週間前に彼女とたまたま出会った僕の父が「ナヤという子を探してごらん。感じのいい子だから」と言った。そうだね、父さん、彼女はすてきで、今じゃ大好きな人の一人だよ。

もし幸運なことに彼女と知り合いだった人なら、彼女は母親としても才能があったと知っているでしょう。息子を愛するときのナヤは一番穏やかだった。ナヤが美しく小さな男の子をボートに戻すことができて感謝している。彼の周りには彼を守ってくれて、彼の素晴らしいママについて教えてくれる心強い家族がいることにも感謝している。

今はただ彼女の家族がこのことを受け入れる余裕と時間が与えられることを何よりも願っている。体は小さかったけれど、ナヤはものすごく大きな存在感があって、彼女を直接知っていた人も、テレビを通して彼女を愛していた何百万の人も、みんなが今それを感じている。大好きだよ、ビー。

[PR]

アンバー・ライリー(メルセデス役)

わたしの大好きなデュエットのパートナー。愛してる。会いたい。今はたくさんの思いがあるのに、言葉が見つからない。ゆっくり休んで、エンジェル。あなたの家族の事なら何の心配もいらないわ。

ジェナ・アシュコウィッツ(ティナ役)

たくさん言いたいことがあるのに、言葉がない。この感情を正確に伝えられることはないかもしれない。でもね、ナヤ、あなたは部屋に入ると、周りの人に光や喜びを与える力のある人だった。あなたはステージやスクリーンで輝き、その裏でも愛を放っていた。わたしはあなたとたくさんの笑いとマティーニと秘密をシェアできてラッキーだった。あなたがいつもここにいることを当たり前に思っていたなんて。お互い成長するにつれ、いろいろなことがあったから、振り返って後悔するつもりはない。でも、あなたのことが大好きで、あなたの才能やユーモア、光、愛情を残していくことを約束するわ。あなたは本当に愛されていた。あなたはそれに値するし、わたしたちが毎日、ジョージー(ナヤの息子)やあなたの家族にそのことを感じさせてあげる。もうあなたのことが恋しいよ。

ジェーン・リンチ(スー先生役)

どうか安らかに、ナヤ。あなたは強い人だった。あなたの家族に愛と平和を。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]