大倉忠義~セクシーな表情と笑顔のギャップにハマるリアリティのある「いい男」

銀幕のジャニーズ

 映画で活躍する銀幕ジャニーズを俳優としての面にフォーカスして、デビュー作から最新作まで、どんな俳優なのかを連載します。今回は本日公開の『窮鼠はチーズの夢を見る』で新たな顔を見せる大倉忠義。(文・新 亜希子)

【銀幕のジャニーズ 連載第5回】

大倉忠義

2004年、関ジャニ∞のメンバーとしてCDデビュー。グループ内ではドラムを担当している。2013年『100回泣くこと』で映画初主演。コンスタントにドラマ・映画・舞台に出演する一方、グループとしてほぼ毎年ライブツアーを行っている。

[PR]

映画デビュー作『大奥』(2010年10月1日公開) 鶴岡役 当時25歳

 よしながふみ原作による人気漫画『大奥』の実写化第一弾。ストーリーは原作第一巻を基に構成され、主人公・水野を二宮和也、徳川吉宗を柴咲コウが演じた。

 「赤面疱瘡」という、若い男子のみが罹患する疫病により男性の数が減少した架空の江戸時代で、男女が逆転した大奥を舞台に、眉目秀麗な男たちの愛憎を描いている。

 大倉が演じたのは、大奥きっての剣の達人・鶴岡。大奥において誰よりも美しく聡明な松島(玉木宏)の寵愛を受けているのをいいことに高飛車な態度をとっているが、水野が現れたことによりすべてが崩れはじめる。

 鶴岡は自暴自棄となり、悲しい結末を迎えるが、松島のこともただ愛していた。

ドラマデビュー作「怖い日曜日~2000~」第10回「記憶からの使者~よみがえる過去の恐怖!!」(2000年9月10日)当時15歳

 「新耳袋」シリーズを原作とした、ジャニーズJr.による心霊体験再現ドラマ。現・関ジャニ∞メンバーである安田章大とともに出演した。 のちに本人が語った経歴としては、本作出演時は「仕事がなかった時期」にあたり、実際、2本目の出演作「シンデレラになりたい!」までは約5年半のブランクがある。

映画俳優としての主な活躍

 大倉忠義は、つかみどころのない男である。バラエティでは、大きな口を開けてよく笑う姿が印象的。おおらかで奔放な、グループの末っ子だ。

 一方で、先見の明があり、新たな試みへのチャレンジや後輩のプロデュースを担うなど「切れ者」の一面を持つ。

 その「つかみどころのなさ」あってか、大倉はまだ「こういった役どころ」というパブリックイメージを持たない。

 大倉忠義はきっと、間違いなく、誰から見ても「かっこいい」男。クセなく整った容姿に、スラリと伸びた長い手足……180cm近い長身は、肩幅があって線がしっかりとしている。リアリティのある「いい男」だ。

 そういった意味では『大奥』で演じた鶴岡は、大倉が演じることで説得力が増したといえる。月代を作らない髷姿や、愛する松島に寄り添う姿にも色気があったし、自らの美貌を自負し「そなたより美しい」と言い切って違和感のないキャスティングだった。

 最新作『窮鼠はチーズの夢を見る』で演じる大伴は、無自覚なモテ男。予告編で見せるアンニュイな表情、視線には、胸が苦しくなるほどの色気が漂う。

 まさに、現実世界の男前。大倉が演じるからこそリアリティを帯びる。34歳という年齢で演じた本作、当たり役になるのではと期待している。

[PR]

最新作:『窮鼠はチーズの夢を見る』(2020年9月11日公開) 大伴恭一 役

 水城せとなの人気コミックを実写化。大倉が演じる大伴は、受け身の恋愛ばかりを繰り返し、さらには優柔不断がゆえに好意を寄せられると断れず、不倫を繰り返している。

 ある日、大伴の前に浮気調査員として現れたのは、大学時代の後輩・今ヶ瀬だった。「7年間、ずっとあなたが好きだった」と告白され、次第に今ヶ瀬のまっすぐな想いに、大伴も心を開いていくが、とある出来事をきっかけに2人の関係は変化していく。

 クランプアップ後のインタビューでは「今までやったことのない役をやってみたかった」「ぜひ演じてみたいと強く思った」と語った大倉。原作よりも落ち着きのある「大人」の表情が印象的だ。

 大倉の相手役である今ヶ瀬を演じるのは、注目作に次々出演中の俳優・成田凌。策略家で、茶目っ気と色気を併せ持つ原作のキャラクターを演じている。ただひたすらに大伴を想い、好きだからこそ揺れ動く切ない想いを、絶妙な演技で表現した。

 予告編だけでも胸がぎゅっと苦しくなるほど、狂おしく、切なく、けれど幸せな“誰かを愛する気持ち”を、丁寧に美しく紡いだ作品。

大倉忠義フィルモグラフィー

【映画】

『大奥』(2010年10月1日公開)
鶴岡 役(眉目秀麗な、大奥きっての剣の達人役)

エイトレンジャー(2012年7月28日公開)
大川良介(グリーン) 役(コンサート中に行うコントを基に制作された映画)

『100回泣くこと』(2013年6月22日公開) 藤井秀一 役 (桐谷美玲と共演、大倉にとって映画単独初主演作。劇中に登場する「解熱の舞」は大倉のアドリブ)

エイトレンジャー2(2014年7月26日公開) 大川良介 (グリーン) 役(同名作品の映画化第2弾。鹿児島弁を話す)

クローバー(2014年11月1日公開)
柘植暁 役(人気漫画を実写化。エリート会社員役を演じ、ロマンチックなラブシーンも話題に)

疾風ロンド(2016年11月26日公開)
根津昇平 役(東野圭吾原作。白銀の世界を舞台にしたサスペンス作品)

【ドラマ】

・怖い日曜日~2000~ 第10回「記憶からの使者~よみがえる過去の恐怖!!」(2000年9月10日)

・シンデレラになりたい!(2006年3月18日)
倉持凡・鳴海坂剣 役

・劇団演技者。「インテリジェンス」(2006年6月28日 - 7月19日、7月26日:特別篇)
従業員・はじめ君 役

・必殺仕事人2007(2007年7月7日)
からくり屋の源太 役

・歌姫(2007年10月12日 - 12月21日)
神宮寺後のジェームス/ジェームス太郎 役

・ヤスコとケンジ(2008年7月12日 - 9月20日)
椿純 役

・必殺仕事人2009(2009年1月4日、1月9日-6月26日)
からくり屋の源太 役

・ROMES/空港防御システム(2009年10月15日 - 12月10日)
成嶋優弥 役

・GM~踊れドクター(2010年7月18日 - 9月19日)
本木健介 役

・生まれる。(2011年4月22日 - 6月24日) 林田太一 役

・24時間テレビスペシャルドラマ 生きてるだけでなんくるないさ(2011年8月20日、日本テレビ)
工藤翔太 役

・三毛猫ホームズの推理(2012年4月14日 - 6月23日)
石津良平 役

・パパドル!(2012年4月19日 - 6月28日)
大倉忠義 (本人)役

・お天気お姉さん(2013年4月12日 - 6月7日)
青木豪太 役

・Dr.DMAT(2014年1月9日 - 3月20日)
八雲響 役

・24時間テレビスペシャルドラマ はなちゃんのみそ汁 (2014年8月30日)
安武信吾 役

・ドS刑事(2015年4月11日- 6月20日)
代官山修介 役

・モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-(2018年4月19日 - 6月14日)
南条幸男 役

・知ってるワイフ(2021年1月期放送予定)
剣崎元春 役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]