ADVERTISEMENT

『バズ・ライトイヤー』吹き替え声優キャストまとめ

 ディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』(7月1日公開)の日本語吹き替え声優キャストをまとめて紹介する。

バズ・ライトイヤー役:鈴木亮平

バズ・ライトイヤー

 本作の主人公は『トイ・ストーリー』でアンディ少年のお気に入りのおもちゃだったバズではなく、そのモデルになった“スペース・レンジャー”のバズ・ライトイヤー。おもちゃのバズから、スペース・レンジャーのバズへ。それを表現するため、声優も『トイ・ストーリー』シリーズから一新された。

 バズ役を務める俳優の鈴木亮平は「興奮しました! あのバズ・ライトイヤーを僕がやらせていただいていいんだろうかという思いが一番強かったですね。嬉しかったですし、光栄ですが、ちゃんとやらなきゃいけないというプレッシャーも感じています」とコメント。

 劇中では「無限の彼方へ、さぁ!」というセリフも登場するが、「おもちゃのバズの言い方との違いを、いい意味で裏切りながら皆さんに楽しんでいただきたい」とアピールした。

ADVERTISEMENT

イジー役:今田美桜

バズ・ライトイヤー

 有能なスペース・レンジャーのバズは自分の力を過信したせいで、1,200人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまう。みんなではるか遠い地球に帰還するため、何度も困難な“ハイパー航行”に挑むバズだったが、彼が降り立ったのは親友のアリーシャすらもういない62年後の世界だった。

 そんな世界でバズが出会うのが、アリーシャの孫で新米チーム“ジュニア・パトロール”の一員イジーだ。日本版声優に選ばれた女優の今田美桜は「最初はドッキリかと思い、何度も“本当ですか?”と聞き直してしまいました。『トイ・ストーリー』シリーズは、昔から観ていたので、そんな作品に出られることは素直に嬉しかったですし、両親も喜んでくれました」と歓喜。

 イジー役を務めるにあたっては「彼女はとても勇敢で、ハキハキしてる元気な女の子なので、そこは意識しました。吹き替えにはまだ慣れてないところもあったので、いろいろと吹き替え演出監督の方に教えていただきながら演じさせていただきました」という。

ソックス役:山内健司(かまいたち)

バズ・ライトイヤー

 アリーシャがバズにプレゼントした猫型の友だちロボットで、万能な能力でバズの冒険をサポートするソックスの声は、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司が担当する。

 猫専用のYouTubeチャンネルを持つほどの猫好きでもある山内は「最初は本当ドッキリかなって……。猫のYouTubeもそこまで反響なかったんで……ここに来てすごい大反響が来たなっていう。めちゃめちゃ嬉しかったです」と驚き。

 マネージャーから声優決定の知らせを聞かされたときは相方の濱家隆一もいたそうで、「めちゃめちゃ悔しがっていました。“俺は!?”って。めちゃめちゃ出演したかったんだろうなっていうぐらい、大絶叫してましたね。“すげぇっ!”って」とその様子を明かした。

ADVERTISEMENT

そのほか

バズ・ライトイヤー

 本作は『トイ・ストーリー』のアンディ少年が大好きな映画という設定で、アンガス・マクレーン監督は「アンディがバズ・ライトイヤーのおもちゃを欲しがるようになったのは、どんな映画を観たからなのだろう? 私はそれを観たかったのです」と制作のきっかけを語っている。

 バズの親友アリーシャの声を演じるのは女優のりょうで、「息子たちも小さな頃から夢中になっている作品に参加できてとても嬉しいです。そして長く観ていたからこそ不思議に思っていた点が晴れる作品に参加できた事も二重以上の喜びです」とメッセージを寄せた。

 バズと冒険に挑む、ダメダメな男モー役には「ポケットモンスター」シリーズのコジロウ役や「鬼滅の刃」竈門炭十郎役などで知られる三木眞一郎。モーの相方で怒りっぽい性格のダービーを演じるのは『リメンバー・ミー』のエレナおばあちゃん役などの磯辺万沙子

 バズたちが乗り込む宇宙船の自動操縦音声作動ナビゲーター、アイヴァン役は「ルパン三世」峰不二子役(3代目)の沢城みゆき。『トイ・ストーリー』シリーズでもおなじみ、バズの宿敵ザーグ役は「機動戦士ガンダム」のギレン・ザビ役などの銀河万丈が担当する。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT