被害者も加害者も不幸にする革命という名の復讐

2015年7月8日 なかざわひでゆき サイの季節 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
サイの季節

 イラン革命で政治犯として逮捕され、30年間も投獄されていた詩人が、生き別れになった妻の行方を捜し、自分を絶望の淵に追いやった者と対峙する。
 支配者層の一員として、恵まれた生活を享受していた夫婦。そんな彼らの幸福を妬み、美しい妻に横恋慕していた運転手。彼は革命に加わり雇い主を貶めることで溜飲を下げ、愛する女性を夫と引き離すことで我が物にしようとするが、結局その想いは叶わない。
 本作は過去と現在を自在に往来しつつ、さらに現実とファンタジーの境界線を曖昧にすることで、全てを奪われた詩人の荒涼とした心象風景を描く。あの革命とは何だったのか?という疑問を個人のレベルで検証する試みだとも言えよう。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]