シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆき さんの映画短評

全1,791件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 女たち
    篠原ゆき子と高畑淳子の火花散る芝居対決が圧巻!
    ★★★★

     ままならぬ人生に不満と怒りを抱えながら黙々と母親の世話をするヒロイン、思い通りに育たなかった我が娘に憎しみをぶつける要介護の母親、そして一見したところ夢を叶えて自由に生きているように見える幼馴染の親友。コロナ禍の閉塞感に包まれた日本、豊かな自然以外に何もない閉鎖的な片田舎。ある出来事をきっかけに、辛うじて保たれていた平穏な日常が音を立てて崩れていく。重苦しい空気に包まれた今の日本社会で、崖っぷちまで追いつめられた女性たちの哀しみと絶望と再生を描いた作品。どこか舌足らずな部分があるようにも感じられるが、しかしまさに入魂と呼ぶしかない篠原ゆき子と高畑淳子の芝居がとにかく素晴らしい。

  • 海辺の彼女たち
    人間をただの労働力として搾取する日本社会の現実
    ★★★★★

     技能実習生として来日した3人の若いベトナム人女性。1日15時間労働で残業代も休日もなし、タコ部屋へ押し込められて昼夜も分からず、給料からは勝手に経費が引かれる。そんな地獄のような職場から逃げ出し彼女らは、ブローカーの手引きでようやくまともな仕事にありつくが、しかしそこには不法就労者としての厳しい現実が待ち受ける。実話から着想を得たというフィクション。しかし、密着ドキュメンタリーさながらの映像が、今も日本全国のそこかしこに暮らすであろう「彼女たち」の存在をリアルに実感させる。人間をただの労働力として搾取する日本社会の現実は、なにも外国人だけに限らない。だからこそ重くのしかかるものがある。

  • 愛のコリーダ
    4K修復版で堪能する大らかなセックスの世界
    ★★★★

     ご存知、日本映画初の本番セックスで世界中に衝撃を与え、クインシー・ジョーンズ(オリジナルはチャズ・ジャンケルだけどね)の大ヒット曲のタイトルにもなった大島渚監督の名作。お話は阿倍定事件。残念(?)ながらぼかし修正は相変わらずなのだが、しかし色彩の鮮烈さや滑らかな映像は4K修復版の威力であろう。久しぶりに改めて見直すと、確かに結末は陰惨かもしれないが、しかしまるで恋愛やセックスを覚えたての10代カップルのような、2人だけの世界に溺れ切った男女の愛の営みがなんとも微笑ましく、彼らを取り巻く人々の性に対する大らかさにも感心する。「まあ旦那、ずいぶん威勢がよござんすね」のお婆ちゃん芸者なんか最高!

  • BLUE/ブルー
    努力が必ずしも報われるわけじゃないけれど…
    ★★★★

     誰よりもボクシングを愛し、ひたむきな努力を続けながらも負けてばかりの先輩と、彼に誘われてボクシングの世界に入ったところ類稀な才能を発揮し、チャンピオンの座を狙うまでに成長した後輩。そんな対照的な2人のボクサーの固く結ばれた友情を通して、努力が必ずしも報われるわけではない残酷な現実を浮き彫りにしつつ、それでもなお自分が好きなことに情熱を捧げる人生の素晴らしさを謳いあげる。彼らを取り巻くボクシング・ジム内の人間模様も面白く、やはり何事も「基本」はおろそかにしちゃいけないし、勝ち負け以前に人間性ってのもプロの世界で重要だよねと痛感させられる。ほろ苦くも実に愛の溢れた映画だ。

  • SNS−少女たちの10日間−
    ネット上で未成年を狙う変態オヤジたちの醜悪な滑稽さ
    ★★★★★

     外見が幼く見える成人女性3人に12歳の少女を演じさせ、SNS上で未成年に接触してくる男たちの実態を捉えた衝撃のドキュメンタリー。未成年を相手に己の剥き出しの性欲をぶつけてくる大人たちの浅ましい言動はまさに恐怖だが、しかし同時に、PCやスマホの向こう側で大勢の撮影スタッフに見られているのも知らず、あられもない醜態をさらす変態オジサンたちは滑稽でもある。これは本編中でも言及されるが、結局やつらは小児性愛者というよりも、年端のいかぬ無知な子供なら簡単に騙したり脅したりして好きに操れると思っているクズばかりなんだよね。果たして、児童ポルノ大国と呼ばれる日本で同じことをしたらどうなるのだろうか。

全1,791件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク