シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ベルギー国内の民族対立を皮肉る異色ミュージカルコメディ

  • 人生は狂詩曲(ラプソディ)
    ★★★★★

     言語文化の違う南北の対立が古くから続くベルギー国内事情を背景に、それぞれの吹奏楽チームが大会優勝を巡っていがみ合う。まあ、日本で言うと東と西みたいなもんかねえ、と思いながら見ていたら、どうもそんな生やさしい問題じゃなかった(笑)。なにしろ、どちらも別の国の言葉を喋っているんだから。同じ国民が2つの文化圏に分断されるという特異な状況が、いわば民族対立の火種になっているのだ。
     で、北が南の花形トランペッターを横取りしたことから紛争勃発。両者の大人げない意地の張り合いが展開する。しかもミュージカル風に。ストーリー自体は他愛ないものの、民族対立の愚かさをチクリと揶揄する風刺精神は効いている。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク