女が放つエロを見よ! 女優陣み〜んなを褒めてあげたい!

2016年10月5日 中山 治美 過激派オペラ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
過激派オペラ

常々思ってた。
男性監督は細身で生活感が滲み出ている女体がお好き。それでムラッとくるのか?と。
対して本作はピッチピチのムッチムチ。
コレでしょ。本能を刺激するのは。
その女優陣の弾ける肉体がエロいだけでなく、
演劇に恋にと、愚直に走る主人公たちの初期衝動を見事に表現している。
壁ドン時代の真逆をゆく、これぞ”性春”。

江本純子は長編初監督。
演劇界からの参入で、並の新人なら気負った作品を取りがち。
だが恥も外聞も多少の荒さも構わず、
むしろそれを”勢い”という魅力に変えた。
主宰する毛皮族の芝居より分かりやすく、
そのバランス感覚は意外にエンタメ向きかも。
映画界でも暴れて欲しい逸材。

中山 治美

中山 治美

略歴:茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。日本映画navi、全国商工新聞、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、BANGER!、朝日新聞webサイトおしごとはくぶつかん情報館内で「おしごと映画」を執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況:本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。ライフワークの旅の記録をまとめたブログはこちら。https://tabisutekaisyu.amebaownd.com

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

中山 治美さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]