シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「これ一枚」の輝きが文化の歴史を作り、誰かの人生も変える

  • まるで2013年刊行『THE SHOOT MUST GO ON 写真家 鋤田正義 自らを語る』の増補映像版! 「ロックンロール・ポートレート」(ジャームッシュ弁)の偉大すぎる歴史と、ご本人の人間的魅力、多方面の証言者が登場するボリュームも含めて文句なしだと思う。

    自伝本は震災を経てD・ボウイ『Heroes』のジャケが『The Next Day』に転生、ロンドンの個展までのリアルストーリー。その後ボウイは鬼籍に入ってしまったが、鋤田氏の歩みは当然続いている。その姿勢は「柔らかさの見本」(糸井重里弁)。時代の波といかに付き合うか――いつもフレッシュな達人の心得を伝える人生論や仕事術としても感涙!

⇒映画短評の見方

森 直人

森 直人

略歴: 映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「TV Bros.」「メンズノンノ」「週刊プレイボーイ」「Numero TOKYO (Web)」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。

近況: 10月12日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町にて『運命は踊る』18:55の回上映後、脚本家の會川昇さんとトークさせていただきます。BSスターチャンネルの無料放送番組「GO!シアター」、10月は『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』『ガンジスに還る』についてコメントしています。執筆参加した『世界のカルト監督列伝』『鬱な映画』『漫画+映画!』『新世紀ミュージカル映画進化論』『究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10』(いずれも洋泉社)が発売中です。

サイト: http://morinao.blog.so-net.ne.jp/

» 森 直人 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク